旧ど素人の株ブログ。初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

日医工のマネーゲームについて

日医工の続きです。

東証プライム上場の日医工(4541)は上場廃止を予定しています。一般株主は1株36円で強制買取です。発表直前の株価が380円だったことで急落しました。

15日、16日と2営業日連続でストップ安になり、本日17日は制限値幅(下限)が4倍に拡大しました。通常であれば80円ストップ安で止まるのですが、4倍に拡大されて最大320円値下がりします。

16日終値が220円だったので、下がるのは1円までです。

日医工2022年11月17日5分足チャート

日医工2022年11月17日5分足チャート

始値66円、高値71円、安値55円、終値58円、出来高5436万7300株

当日の5分足チャートです。買取価格36円まで値下がりしませんでした。上場廃止まで時間があることやマネーゲームの参加者が株価を押し上げているようです。

しかし、チャートを見ると、右肩下がりとなっているので、俗に言う「バケツリレー」の状態です。日医工を買った株主が買値より安い値段で別の投資家に売り、次の投資家も買値より安い値段で売る。含み損の株がバケツリレーのように流れています。

日医工のマネーゲームの考え方について

日医工を17日にデイトレードした場合、ほとんどの投資家が負けてしまいました。おそらく、賢い投資家(投機)は、別の考えで日医工を買っていると思われます。

日医工は倒産株と異なり、上場廃止まで時間があるので、売買最終日まで保有し続けることができます。それまでに一度でも株価が上昇すれば勝ちです。

仮に買値より値上がりしなくても、最悪のケースで36円で買い取ってもらえます。もし、50円で買った株が100円になれば、投資資金が2倍に増えます。損したときは-14円だけです。

(儲けた場合)売値100円-買値50円=+50円
(損した場合)売値36円-買値50円=-14円

同様の事例で上場廃止になった銘柄に佐渡汽船(9176)がありました。佐渡汽船の買取価格は30円です。

佐渡汽船は発表直後に45円まで値下がりした後、230円まで上昇しました。マネーゲーム参加者は、佐渡汽船のような急騰を期待しているのでしょう。うまくいくと良いですね。

関連記事

アーカイブ