初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

クシムのライツ・オファリング(6)上場来高値更新

2020.11.25

クシムの続きです。

11月25日、クシム(2345)の新株予約権(23459)が上場来高値を更新しました。

クシム新株予約権日足チャート

クシム新株予約権日足チャート

始値160円、高値219円、安値160円、終値170円、出来高89万5800株

取引開始直後から上がり始めて、10時50分に高値219円をつけます。ただ、その後は失速し、170円で取引を終えました。

11月6日・9日の高値185円を超えて、上場来高値を更新しました。

クシム日足チャート

クシム日足チャート

始値600円、高値642円、安値591円、終値599円、出来高92万7200株

そして親株。上昇のきっかけは文科省のデジタル教科書のようです。クシムはeラーニングシステムを開発しているので、関連銘柄として注目されました。

ただ、日足チャートをご覧の通り、ライツ発表前の水準に戻っていません。値段の安い新株予約権(の株主)だけが恩恵を受けた形です。

親株と新株予約権の比較について

クシムの新株予約権は1株432円で新株を買うことができる権利です。

(親株)599円-(新株)432円=167円<170円(新株予約権の値段)

親株と新株予約権を比べると、新株予約権が割高です。新株予約権が上場してから初めてのことです。

前回と同じく、クシムの新株を買うより、新株予約権そのものを売買する方が儲かるようです。

続きはこちら(クシムのライツ・オファリング(7)新株予約権の売買最終日)

関連記事

アーカイブ