初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

ひらまつが決算未提出で監理銘柄(確認中)に指定される

2020.12.29

12月28日取引終了後、高級フランス料理でおなじみ、東証1部上場のひらまつ(2764)が、2021年3月期第2四半期決算を期限までに提出できないと発表しました。

・10月下旬~11月中旬(第2四半期決算)
・2020年11月16日(第2四半期の提出期限)・・・延長申請、承認
・2020年12月16日(延長後の提出期限)・・・再延長申請、承認
・2020年12月28日(再延長後の提出期限)・・・間に合わない←今ココ
・2021年1月12日(提出期限)・・・最後の締め切り
・提出できない・・・上場廃止決定

通常、3月決算企業の第2四半期決算は毎年10月下旬から11月中旬に行われます。

ひらまつは11月に延長申請、12月に再延長申請を行い、提出期限が12月28日までとなりました。

ところが、再延長された期限も間に合わずに今回の発表です。

今後、2021年1月12日までに提出できないと、ひらまつは上場廃止になります。

ひらまつの今後の見通しについて

当社は、2021年1月12日までに 2021年3月期第2四半期報告書を提出すべく、最大限の対応を行い、全力を尽くして参ります。

会社発表の「今後の見通し」はご覧の通りです。

仮に、決算が出せないと株価が急落し、上場廃止を前提とした株価になります。

逆に、決算が間に合えば、安心感から株価が上昇します。

ひらまつ日足チャート

ひらまつ日足チャート

12月29日終値143円。この発表により、株価が急落しました。

株価143円×100株=14,300円

ひらまつは株主優待がありますから、間に合うことを期待して買うのはアリです。ただし、上場廃止になると優待もなくなります。

今は決算が出るかどうかで注目されていますが、業績も悪くてGoTo頼みのところがあります。

ハイリスク・ハイリターンですから、投資する場合は少額で勝負したいです。

続きはこちら(ひらまつ、決算提出で株価急騰)

関連記事

アーカイブ