初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

大塚家具、社長交代による株価急騰で儲けることはできたのか?(コスパ悪い)

10月28日12時、ジャスダック上場の大塚家具(8186)が大塚久美子社長の辞任を発表しました。このニュースは大きく取り上げられて、株価も急騰。28日はストップ高になりました。

では、このときに、大塚家具に投資していれば儲かったのでしょうか? 株価を振り返ってみましょう。

大塚家具日足チャート

大塚家具日足チャート

大塚家具の時系列株価

日付 始値 高値 安値 終値 出来高
10/28 150 201 148 201 314,000
10/29 224 236 200 214 11,235,200
10/30 210 210 177 184 3,292,900
11/2 175 180 169 174 1,055,900

直近2ヶ月分の日足チャートと、10月28日から11月2日までの時系列株価です。

28日はローソク足が上に伸びて、投資家が儲かっているように見えます。前日比50円ストップ高の201円。

翌29日は高値236円をつけました。28日のどこかで買えれば、含み益になりそうです。ところが、そんなにうまい話はありません。

大塚家具2020年10月28日~29日5分足チャート

大塚家具2020年10月28日~29日5分足チャート

社長交代前後の5分足チャートです。

12時発表後、後場は買い気配になりました。買い注文が殺到し、引けの15時にストップ高比例配分です。

後場の出来高は、たったの26万3100株。売り手がいないので抽選となりました。プラチナチケットを手に入れた人は、ほんの一握りでしょう。

また、29日の取引についても、盛り上がったのは最初の10分だけです。

急落に巻き込まれたら、ひとたまりもないので、苦労したわりに儲けが少なかったと推測できます。

ちなみに、お家騒動のときの高値が2,488円です。業績が回復して、この水準まで戻ってくれると、長期株主も報われるのですが・・・。

関連記事

アーカイブ