初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

日本マクドナルドホールディングス、親会社の株売却で株価急落

7月29日、ジャスダック上場の日本マクドナルドホールディングス(2702)の株価が急落しました。

日本時間28日21時30分、親会社で大株主の米国本社が保有株を売却すると発表したためです。

日本マクドナルドホールディングス日足チャート

日本マクドナルドホールディングス日足チャート

7月29日終値5,260円。前日比430円安(-7.56%)です。

上場子会社に投資するリスクが表面化しました。子会社に全く問題がなくても、親会社の動向で株価が下落する現象です。

親会社が実際に売る前に、他の株主が先取りして売却しています。

なお、ソフトバンク(9434)やNTT(9432)、日本たばこ産業(2914)なども同様の現象が起きやすいです。正式発表だけでなく、報道でも株価が反応します。

日本マクドナルドホールディングスの大株主一覧(2019年12月31日現在)

日本マクドナルドホールディングスの大株主

大株主上位5社です(有価証券報告書)。第1位と第2位が親会社に該当します。合わせて49.99%(6646万5000株)。

35%まで保有比率を下げる可能性があり、最大で約15%(約2000万株)売却する予定です。

2020年6月全体の出来高が1600万株でしたから、1ヶ月分を超える量をまとめて売るようです。

もちろん、株式市場で大量に売却すると、買い手がいなくて値崩れを起こすので、別の方法を選択するでしょう。具体的な内容については未定です。

日本マクドナルドホールディングスの株主優待について

(食事券)

(1)対象となる株主・・・毎年6月30日、12月31日現在の株主名簿に記載または記録された100株以上保有の株主
(2)株主優待の内容
・100株以上・・・優待食事券1冊
・300株以上・・・優待食事券3冊
・500株以上・・・優待食事券5冊

マクドナルドの株主優待は食事券です。毎年6月末と12月末の株主は年2回、優待がもらえます。

食事券1冊の中に、バーガー類、サイドメニュー、ドリンクの商品引換券がそれぞれ6枚ずつ入っています。

次回、2020年12月優待の権利付き最終日は2020年12月28日です。優待がほしい場合は12月28日までに買えば間に合います。

優待をもらうために必要な資金について

・株価5,260円×100株=52万6000円
・株価5,260円×300株=157万8000円
・株価5,260円×500株=263万円

食事券1冊なら52万6000円、3冊なら157万8000円、5冊なら263万円の投資資金が必要です。

関連記事

アーカイブ