初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

ブロードリーフ、優待変更で株価下落

10月18日12時、東証1部上場のブロードリーフ(3673)が株主優待の変更を発表しました。

・クオカードをVisaギフトカードに変更
・1万株以上の優待が廃止
・12時発表で後場から株価下落

詳細は以下の通りです。

株主優待の詳細

(変更前)

(1)対象となる株主・・・毎年12月末現在の株主名簿に記載または記録された500株以上保有の株主
(2)株主優待の内容
・500株以上・・・クオカード5,000円分
・1,000株以上・・・クオカード1万円分
・2,000株以上・・・クオカード2万円分
・10,000株以上・・・クオカード10万円分

(変更後)

(1)対象となる株主・・・毎年12月末現在の株主名簿に記載または記録された500株以上保有の株主
(2)株主優待の内容
・500株以上・・・Visaギフトカード5,000円分
・1,000株以上・・・Visaギフトカード1万円分
・2,000株以上・・・Visaギフトカード2万円分
・10,000株以上・・・廃止
(3)発送時期・・・2020年3月下旬発送予定

ブロードリーフの株主優待が、クオカードからギフトカードになりました。さらに、1万株以上の株主向けの優待が廃止されました。

2019年12月優待から、変更後の内容が適用されます。

ブロードリーフの優待がほしい方は、12月26日までに買えば間に合います。

ブロードリーフ2019年10月18日5分足チャート

10月18日終値586円。前日比11円安でした。

前場終了後に変更が発表されたため、後場から売られました。

10,000株の株主は、優待がなくなってしまったので、余分な株数8,000株を売却した可能性があります。

これから買うなら株価が安くなってうれしいですが、優待目的で1万株にした株主は本当に気の毒です。

関連記事

アーカイブ

アクセス