初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

日本フイルコンが優待変更を発表

2019.10.03

10月1日、東証1部上場の日本フイルコン(5942)が株主優待の変更を発表しました。

今回のポイント

・長期株主限定の優待になる
・新制度は2020年11月優待から
・クオカードとワインで投資家の対応が異なる

詳細は以下の通りです。

株主優待の詳細

(変更前)~2019年11月優待

(1)対象となる株主・・・毎年11月30日現在の株主名簿に記載または記録された100株以上保有の株主
(2)株主優待の内容
・100株以上(1年未満)・・・クオカード500円分
・100株以上(1年以上)・・・ワイン1本
・1,000株以上(1年未満)・・・クオカード1,000円分
・1,000株以上(1年以上)・・・ワイン1本(限定品)
※継続保有1年以上・・・毎年5月31日および11月30日の株主名簿に同一株主番号で3回以上、記載または記録された株主
(3)発送時期
・クオカード・・・毎年2月下旬の定時株主総会決議通知に同封
・ワイン・・・毎年3月下旬発送予定

(変更後)2020年11月優待~

(1)対象となる株主・・・毎年11月30日現在の株主名簿に記載または記録された、100株以上を1年以上継続保有する株主
(2)株主優待の内容
・100株以上・・・クオカード500円分
・200株以上・・・ワイン1本
・1,000株以上・・・ワイン1本(限定品)
※継続保有1年以上・・・毎年5月31日および11月30日の株主名簿に同一株主番号で3回以上、記載または記録された株主

日本フイルコンの株主優待はクオカードおよびワインです。毎年11月末の株主は年1回、優待がもらえます。

今回の変更により、長期株主限定になりました。

変更後の内容は2020年11月優待から適用されます。次回、2019年11月優待は変更前の内容です。

(具体例)現在1,000株の株主

・2019年11月優待(1年未満)・・・クオカード1,000円分
・2019年11月優待(1年以上)・・・ワイン1本(限定品)
・2020年11月優待・・・ワイン1本(限定品)

現在1,000株の株主は、変更前と変更後で優待の内容は変わりません。そのまま株主を続ければ、継続保有1年以上が適用されるので、限定ワインがもらえます。

(具体例)現在100株の株主

・2019年11月優待(1年未満)・・・クオカード500円分
・2019年11月優待(1年以上)・・・ワイン1本
(1)2020年11月優待(100株のまま)・・・クオカード500円分
(2)2020年11月優待(200株に買い増し)・・・ワイン1本
(3)2020年11月優待(1,000株に買い増し)・・・ワイン1本(限定品)

現在100株の株主は、(1)(2)(3)の3つの場合があります。

(1)買い増しせずに100株で株主を続ける

100株で株主を続けると、クオカード500円がもらえます。今までワインをもらっていた人は、クオカードになります。

(2)200株に買い増し

さらに100株追加して、200株に増やした場合です。ワインがほしい人は、こちらを選びます。

ただし、継続保有1年の条件が必要です。2019年11月27日までに買うと間に合います。

(3)1,000株に買い増し

さらに900株追加して、1,000株に増やした場合です。限定ワインがほしい人は、こちらを選びます。

こちらも、継続保有1年の条件が必要です。2019年11月27日までに買うと間に合います。

クオカードで良いという人は(1)、ワインがほしいなら(2)、限定ワインがほしいなら(3)となります。

(具体例)これから買う投資家

・2019年11月優待(100株)・・・クオカード500円分
・2019年11月優待(1,000株)・・・クオカード1,000円分
・2020年11月優待(100株)・・・クオカード500円分
・2020年11月優待(200株)・・・ワイン1本
・2020年11月優待(1,000株)・・・ワイン1本(限定品)

これから日本フイルコンの株主になる場合です。2019年11月優待、2020年11月優待のどちらも、2019年11月27日までに買います。間に合わないと、両方の優待がもらえません。

また、2019年11月優待ではクオカードだけです。ワインが欲しい人は2020年11月優待からになります。

個人的には、少ない資金で多くの優待をもらいたい投資家なので、100株だけ買ってクオカード500円分を継続したいです。

株価も500円前後ですし、投資資金5万円で500円分のクオカードは悪くない内容だと思います。

もちろん、ワインのために株数を増やすのもアリです。

関連記事

アーカイブ

アクセス