初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

ダイドーグループホールディングスの権利付最終日

2019.07.17

T-2による7月優待銘柄の影響についての続きです。

本日、2019年7月17日は、株の決済期間短縮後、初めての権利付最終日でした。

ダイドーグループホールディングス(2590)の株主になると、毎年1月20日、7月20日の年2回、株主優待がもらえます。

ダイドーグループホールディングスの株主優待は、3,000円相当の自社グループ製品詰め合わせ(ドリンク・ゼリー)です。

従来の制度では、7月16日権利付最終日、7月17日権利落ち日でした。

今回の変更により、7月17日権利付最終日、7月18日権利落ち日となります。

ダイドーグループホールディングス日足チャート

7月17日終値4,600円。この銘柄は日経平均株価と連動することが多いです。

株主優待の影響を受けにくい銘柄なので、権利付最終日に買って、権利落ち日に売るという取引がやりやすいです。

株の保有期間が短くなるため、限られた投資資金でより多くの株主優待をもらうことができます。

優待銘柄の権利付最終日を、すばやく検索する方法

SBI証券を使うと、前回と次回の権利付最終日をすぐに見ることができます。

・株価検索→「株主優待」クリック

例えば、上のダイドーグループホールディングスの場合、空欄に「ダイドーグループホールディングス」または「2590」を入力して「株価検索」ボタンをクリックします。

入力の途中で銘柄名を選択するのもOKです。

次に、「株主優待」ボタンをクリックしてください。

これだけで権利付最終日が見られます。

SBI証券の口座はほとんどの投資家が持っていると思うので、試してみてください。ログインしなくても見ることができますよ。

関連記事

アーカイブ

アクセス