初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

ファーストブラザーズが優待変更を発表(クオカード→ポイント)

8月21日、東証1部上場のファーストブラザーズ(3454)が株主優待の変更を発表しました。

・クオカード(2020年まで)→ポイント(2021年以降)
・ポイントになると、500株未満の株主はもらえない
・2020年の権利付き最終日:2020年11月26日
・投資資金:83,700円~(クオカード)

詳細は以下の通りです。

株主優待の詳細について

(変更前:2020年11月まで)クオカード

(1)対象となる株主・・・毎年11月30日現在の株主名簿に記載または記録された100株以上保有の株主
(2)株主優待の内容
・100株以上(1年未満)・・・クオカード1,000円分
・100株以上(1年以上)・・・クオカード2,000円分
・200株以上(1年未満)・・・クオカード1,000円分
・200株以上(1年以上)・・・クオカード4,000円分
※継続保有1年以上・・・毎年5月31日、11月30日現在の株主名簿に、同一株主番号で連続3回以上記載または記録された株主

(変更後:2021年11月以降)ポイント・・1年以上の株主

(1)対象となる株主・・・毎年11月30日現在の株主名簿に記載または記録された、500株以上を1年以上保有する株主
(2)株主優待の内容
・500株以上・・・5,000ポイント
・以降、100株ごとに1,000ポイント追加
・5,000株以上・・・50,000ポイント
※継続保有1年以上・・・毎年5月31日、11月30日現在の株主名簿に、同一株主番号で連続3回以上記載または記録された株主

(変更後:2021年11月以降)ポイント・・1年未満の株主

(1)対象となる株主・・・毎年11月30日現在の株主名簿に記載または記録された3,000株以上保有の株主
(2)株主優待の内容
・3,000株以上・・・5,000ポイント
・以降、100株ごとに1,000ポイント追加
・5,000株以上・・・25,000ポイント

ファーストブラザーズの株主優待が、クオカードからプレミアム優待倶楽部のポイントに変更されました。

毎年11月末の株主は年1回、優待がもらえます。2020年11月優待までクオカードとなり、2021年11月優待からポイントに変更されます。

変更後のポイントについては、保有期間で達成条件が異なります。

1年以上の株主は500株以上が必要です。また、1年未満の株主は3,000株以上が必要です。どちらにしても、ポイントをもらうなら買い増しになると思います。

年ごとの権利付き最終日について

・2020年11月優待・・・権利付き最終日:2020年11月26日
・2021年11月優待(1年以上)・・・権利付き最終日:2020年11月26日(500株以上)
・2021年11月優待(1年未満)・・・権利付き最終日:2021年11月26日(3,000株以上)

次回、2020年11月優待の権利付き最終日は2020年11月26日です。クオカードがほしい方は、2020年11月26日までに買えば間に合います。

なお、ポイントについては、保有期間で権利付き最終日が異なります。クオカードをもらいつつ、ポイントももらうなら、2020年11月26日までに株主になります。ポイントのために500株必要です。

ポイントだけで良いなら、2021年11月26日までに株主になります。ポイントのために3,000株必要です。もし、500株だけ買うと、ポイント到着が2022年11月優待からになります。

ファーストブラザーズ日足チャート

ファーストブラザーズ日足チャート

8月24日終値837円。クオカードの権利付き最終日が近づいているので、株価が大きく崩れることはないです。

ただ、優待の権利落ち日(2020年11月27日)以降に大きな変化があるかもしれません。

優待をもらうための投資資金について(クオカード)

・株価837円×100株=83,700円
・株価837円×200株=16万7400円

100株買うなら83,700円、200株買うなら16万7400円が必要です。

関連記事

アーカイブ