初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

フレンドリー、優待廃止でストップ安

5月22日、関西のファミレスでおなじみ、東証2部上場のフレンドリー(8209)が株主優待の廃止を発表しました。

・食事券を廃止(2020年3月が最後)

詳細は以下のとおりです。

株主優待の詳細について

廃止された優待

(1)対象となる株主・・・毎年3月31日、9月30日現在の株主名簿に記載または記録された100株以上保有の株主
(2)株主優待の内容
・100株以上・・・優待食事券5,000円分(500円×10枚)
・200株以上・・・優待食事券10,000円分(500円×20枚)
・500株以上・・・優待食事券15,000円分(500円×30枚)

フレンドリーの株主優待は、店舗で使える食事券です。毎年3月末と9月末の株主は年2回、優待がもらえました。

次回、2020年9月優待が廃止となり、2020年3月優待が最後です。

フレンドリー日足チャート

フレンドリー日足チャート

5月25日終値1,146円。300円ストップ安になりました。優待投資家の売り注文が殺到しています。

この銘柄は今まで、株主優待で支えられてきたようです。

優待投資家は、優待があれば気長に待ってくれます。しかし、その優待がなくなると、別の銘柄に乗り換えるために、すぐに処分して換金してしまいます。

今後、優待廃止に気づいた投資家の売りが断続的に発生します。しばらく、この銘柄には近づかないほうが良いでしょう。

関連記事

アーカイブ