初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

ヤマザワが優待変更を発表

東証1部上場のヤマザワ(9993)が株主優待の変更を発表しました。

・継続保有半年間の条件追加
・2020年8月優待から適用開始
・権利付最終日:2020年2月26日

詳細は以下の通りです。

株主優待の詳細(変更後)

(2月優待)買物優待券または全国共通ギフトカード

(1)対象となる株主・・・毎年2月末の株主名簿に記載または記録され、半年以上継続保有した100株以上の株主
(2)株主優待の内容
・100株以上・・・買物優待券2,000円分(山形県・宮城県の株主)、全国共通ギフトカード1,000円分(県外の株主)
・1,000株以上・・・買物優待券5,000円分(山形県・宮城県の株主)、全国共通ギフトカード3,000円分(県外の株主)
・3,000株以上・・・買物優待券10,000円分(山形県・宮城県の株主)、全国共通ギフトカード5,000円分(県外の株主)
(3)発送時期・・・5月下旬発送予定

(8月優待)買物優待券または新米セット

(1)対象となる株主・・・毎年8月末の株主名簿に記載または記録され、半年以上継続保有した100株以上の株主
(2)株主優待の内容
・100株以上・・・買物優待券2,000円分または新米2kg(山形県・宮城県の株主)、新米2kg(県外の株主)
・1,000株以上・・・買物優待券5,000円分または新米5kg(山形県・宮城県の株主)、新米5kg(県外の株主)
・3,000株以上・・・買物優待券10,000円分または新米7kg(山形県・宮城県の株主)、新米7kg(県外の株主)
(3)発送時期・・・11月発送予定

ヤマザワの株主優待は買物優待券(または全国共通ギフトカード)と山形県の新米セット(つや姫・雪若丸)です。

毎年2月末・8月末の株主は年2回、優待がもらえます。今回の変更により、継続保有半年間の条件が追加されました。

それぞれの権利付最終日が、半年間、前倒しになります。2020年8月優待から適用されます。

ヤマザワの株主優待の権利付最終日について

・2020年2月優待・・・権利付最終日:2020年2月26日
・2020年8月優待・・・権利付最終日:2020年2月26日
・2021年2月優待・・・権利付最終日:2020年8月27日
・2021年8月優待・・・権利付最終日:2021年2月24日

それぞれの優待と権利付最終日はご覧の通りです。

2020年2月優待と2020年8月優待の権利付最終日は、新制度の適用によって、2020年2月26日になります。

以降、2021年2月優待は2020年8月27日に、2021年8月優待は2021年2月24日に、それぞれスケジュールが早くなりました。ずっと株主を続けている方は影響ありません。

ただし、投資資金を回転させて、いろいろな優待銘柄に乗り換えている方は、半年間、資金を拘束されるのでご注意ください。

ちなみに、これからヤマザワの株主になる方は、2020年2月26日までに買えば、2020年2月優待と8月優待がセットでもらえます。

もちろん、半年間、株主を続けることが条件です。

関連記事

アーカイブ