旧ど素人の株ブログ。初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中(当サイトは広告を含みます)。

ヘリオステクノホールディングのTOBによる上場廃止と配当金、株主の今後について(TOB価格825円、手続きはSMBC日興証券)

2024.05.31

2024年5月31日、東証プライム上場のRS Technologies(3445)は、東証スタンダード上場のヘリオステクノホールディング(6927)に対して、TOB(株式公開買い付け)を行うと発表しました。

ヘリオステクノホールディングが上場廃止になる理由について

RS Technologies(あーるえす てくのろじーず)がヘリオステクノホールディングの株を全部買い取って非公開にするため、ヘリオステクノホールディングは上場廃止になる予定です。

ヘリオステクノホールディングの株主は、TOBに参加して保有株を買い取ってもらうか、もしくは株式市場で売却できます。

ヘリオステクノホールディングのTOBの条件とスケジュール(日程)について

(1)TOB価格・・・825円
(2)TOB期間・・・2024年6月3日(月)から7月12日(金)まで
(3)決済の開始日・・・2024年7月19日(金)
(4)買付予定株数・・・上限なし、下限1209万8600株
(5)証券会社・・・SMBC日興証券
(6)配当・・・未定

TOB価格825円、TOB期間は2024年6月3日(月)から7月12日(金)までの30営業日です。

ヘリオステクノホールディングの今後の株価について

株価が上昇し、TOB価格にサヤ寄せしました。上場廃止まで横ばいが続く見込みです。

ヘリオステクノホールディングのTOBに参加するメリットと手続きについて

ヘリオステクノホールディングのTOBに参加するメリットは、TOB価格825円で買い取ってもらえること、手続きを経験できることです。

具体的には、ヘリオステクノホールディングの株を買った証券会社から、SMBC日興証券に移管して(移動して)売却します。

SMBC日興証券(オンライントレード)のTOB手続き

SMBC日興証券(オンライントレード)のTOB手続き

・ログイン→メッセージボックス→公開買付けのお知らせ→取扱銘柄一覧→ヘリオステクノホールディングを選択

・ログイン→お取引→公開買付け→取扱銘柄一覧→ヘリオステクノホールディングを選択

SMBC日興証券にログインして、TOB銘柄一覧からヘリオステクノホールディングを選択してください。

TOBに申し込むと、2024年7月19日以降に投資資金が戻ってきます。SMBC日興証券で売却するときの手数料は無料です。

移管手数料について

TOBに申し込むときの移管手数料(株を移動させる手数料)は、無料の証券会社が多いです。

有料のときは、移動元の証券会社(株を買った証券会社)に支払います。

ただし、仮に有料でも、SMBC日興証券には株式等の預け替え手数料当社負担サービスがあります。

もし、移管手数料がかかったら、SMBC日興証券でキャッシュバックしてもらってください。

ヘリオステクノホールディングの配当金について

・2024年3月期の期末配当・・・1株35円
・2025年3月期の期末配当・・・未定

ヘリオステクノホールディングは3月決算企業で、期末一括配当銘柄です。毎年3月末に期末配当の権利がもらえます。

2024年3月期の期末配当は、1株35円に決定しました。3月末の株主は配当金がもらえます。

2025年3月期の期末配当については未定です。配当金の権利がやってくるまでに上場廃止になるので、配当金はもらえないでしょう。

ヘリオステクノホールディングの株主の今後について

ヘリオステクノホールディングの月足チャート

ヘリオステクノホールディングの月足チャートです。TOB価格の水準に黄色の線を引いています。黄色の線より下の水準で買った株主は含み益、上の水準で買った株主は含み損の状態です。

仮にヘリオステクノホールディングの上場廃止が決定すると、株主の損益も確定します。

(1)含み益の投資家・・・TOB参加
(2)資金回収を急ぐ投資家・・・すでに売却済み

(1)TOBに参加するには、SMBC日興証券の口座が必要です。口座がある方は試してみてください。

TOB期間は「7月12日まで」ですから、これから口座を準備しても間に合います。

(2)株価がTOB価格に到達しました。急ぐ投資家は、すでに売却済みでしょう。

関連記事

アーカイブ