初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

日本調剤、株式分割に伴う優待変更について(年2回)

9月23日、東証1部上場の日本調剤(3341)は株主優待の変更を発表しました。

・年1回→年2回
・権利付き最終日:2021年3月29日
・投資資金:17万3500円~

詳細は以下の通りです。

株式分割の詳細について

日本調剤は、2020年3月31日を基準日、4月1日を効力発生日として「1→2」の株式分割を行いました。

分割前100株の株主は、株式分割によって200株に増加します。

(分割前)3,000円×100株=(分割後)1,500円×200株=30万円

例えば、株価が3,000円だった場合、株数が2倍に増えて株価が2分の1になるので、投資資金は30万円で変わりません。

3月30日から株価が2分の1になりました。27日(金)までが分割前の株価、30日(月)以降が分割後の株価となります。

株主優待の詳細について

(変更前)2020年3月まで

(1)対象となる株主・・・毎年3月31日現在の株主名簿に記載または記録された100株以上保有の株主
(2)株主優待の内容
・100株以上・・・オンラインストア優待券3,000円分(3,000円×1枚)
・500株以上・・・オンラインストア優待券15,000円分(3,000円×5枚)

(変更後)2020年9月から

(1)対象となる株主・・・毎年3月31日・9月30日現在の株主名簿に記載または記録された100株以上保有の株主
(2)株主優待の内容
・100株以上・・・オンラインストア優待券1,500円分(1,500円×1枚)
・500株以上・・・オンラインストア優待券7,500円分(1,500円×5枚)

日本調剤の株主優待は、オンラインストアで使える優待券です。今回の変更により、年1回(3月)が年2回(3月・9月)に増えました。

ただし、1回分の金額が半分になります。2020年9月優待から新制度が適用されました。

年ごとの権利付き最終日について

・2020年3月優待・・・権利付き最終日:2020年3月27日(3,000円分、15,000円分)
・2020年9月優待・・・権利付き最終日:2020年9月28日(1,500円分、7,500円分)
・2021年3月優待・・・権利付き最終日:2021年3月29日(1,500円分、7,500円分)
・2021年9月優待・・・権利付き最終日:2021年9月28日(1,500円分、7,500円分)

年ごとの権利付き最終日はご覧の通りです。

次回、2021年3月優待の権利付き最終日は2021年3月29日です。日本調剤の優待がほしい方は3月29日までに買えば間に合います。

日本調剤日足チャート

日本調剤日足チャート

10月6日終値1,735円。発表直後は株価が急騰し、権利落ち日以降、元に戻りました。

飛びついて買うと失敗する銘柄です。

優待をもらうための投資資金について

・株価1,735円×100株=17万3500円
・株価1,735円×500株=86万7500円

優待券1,500円分をもらうには17万3500円、7,500円分をもらうには86万7500円の資金が必要です。

日本調剤の通販を利用する方は株主になってみてはいかがでしょうか。

関連記事

アーカイブ