初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

ダイコク電機、優待廃止で株価急落

8月7日、東証1部上場のダイコク電機(6430)が株主優待の廃止を発表しました。

・株主優待ポイント廃止(2019年9月が最後)

詳細は以下の通りです。

株主優待の詳細について

廃止された優待

(1)対象となる株主・・・毎年9月30日現在の株主名簿に記載または記録された100株以上保有の株主
(2)株主優待の内容
・100株以上(1年未満)・・・株主優待ポイント3,000pt
・100株以上(1年以上)・・・株主優待ポイント3,300pt
・300株以上(1年未満)・・・株主優待ポイント6,000pt
・300株以上(1年以上)・・・株主優待ポイント6,600pt
・500株以上(1年未満)・・・株主優待ポイント12,000pt
・500株以上(1年以上)・・・株主優待ポイント13,200pt
・700株以上(1年未満)・・・株主優待ポイント15,000pt
・700株以上(1年以上)・・・株主優待ポイント16,500pt

ダイコク電機の株主優待はポイントです。毎年9月末の株主は年1回、優待がもらえました。

次回、2020年9月優待は廃止となり、2019年9月優待が最後です。

ダイコク電機日足チャート

ダイコク電機日足チャート

8月11日終値1,088円。売り注文が殺到し、株価が急落しました。同時に発表された決算も赤字に転落し、下げが加速しています。

一方、出来高も急増し、押し目買いが入っています。

配当金は前期と同じ水準になる予定です(中間配当10円、期末配当30円、計40円)。

株価が下がると配当利回りが上がるので、業績回復を期待した買いかもしれません。うまくいくと良いですね。

関連記事

アーカイブ