初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

レナウンの上場廃止とマネーゲームについて(2)倒産後はじめての取引

レナウンの上場廃止とマネーゲームについて(1)の続きです。

5月18日、レナウンが倒産してから初めての取引となりました。

・30円ストップ安の48円
・19日は1円まで下がる可能性あり
・株価30円台が寄り付きの目安

レナウン2020年5月18日気配値

レナウン2020年5月18日気配値

15時時点の気配値です。

5月18日終値48円、出来高20万8200株。30円ストップ安比例配分となりました。倒産に気づいた株主が処分売りを行っています。

売り注文が殺到し、売りたい人は抽選で保有株の一部を売ることができました。

売り注文が2154万2000株、買い注文が20万8200株です。売り「100」、買い「1」の比率です。倒産株を売ることの難しさがわかります。

5月19日の取引について

東京証券取引所から19日の取引について発表がありました。前例と同じく、19日の値幅制限が撤廃されて、1円まで下落します(通常なら30円ストップ安の18円)。

気配値の更新は3分ごとに5円ずつ。

43円、38円、33円、28円、23円、18円、13円、8円、3円、1円

と、売りと買いの数量が一致するまで下がり続けます。9時~9時30分に取引に参加できそうです。

倒産株は何円で寄り付くのか?

倒産後の株価(寄り付き)

銘柄 コード 株価
シベール 2228 169
日本海洋掘削 1606 79
タカタ 7312 35
スカイマーク 9204 32
江守グループ
ホールディングス
9963 46
第一中央汽船 9132 2

マネーゲームの参加者にとって、もっとも気になるのが寄り付きの値段です。

上の表は、2015年以降の倒産株の寄り付きです。シベールや日本海洋掘削は倒産前が1,000円超だったので参考にならないです。

また、第一中央汽船はマネーゲームになりませんでした。タカタ、スカイマーク、江守グループホールディングスの値段が目安になります。

株主は、この水準で売れるなら、致命傷にならずにありがたいと思います。

逆に、この値段でマネーゲームに参加するなら、儲けるのに苦労しそうです。

株価10円台で買えると良いんですけどね。

続きはこちら(マネーゲーム3)

関連記事

アーカイブ

アクセス