旧ど素人の株ブログ。初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中(当サイトは広告を含みます)。

メタプラネットの株式併合は7/30、株主への影響について

2024年5月20日、東証スタンダード上場のメタプラネット(3350)が株式併合を発表しました。

メタプラネットの株式併合のポイントについて

・株主の保有株は10分の1に減少し、株価が10倍になる

詳細は以下の通りです。

メタプラネットの株式併合の詳細について

メタプラネットは2024年8月1日から「10→1」の株式併合を行います。

現在1,000株の株主は、株式併合によって100株に減少します。ただし、全体の投資資金は変わりません。

メタプラネットの併合前の株価が100円のケース

(併合前)株価100円×1,000株=(併合後)株価1,000円×100株=資金10万円

株数が10分の1に減少しても株価が10倍になるので、投資資金は10万円で変わりません。

2024年7月30日(火)から株価が10倍になります。29日(月)までが併合前の株価、30日(火)から併合後の株価です。

併合後の単元未満株の取り扱いについて

なお、現在100株を保有する株主は、併合後に10株に減少します。株式併合後も100株単位で取引するので、10株だと単元未満株です。

単元未満株はSBI証券やマネックス証券、auカブコム証券などのネット証券を利用すれば、普通に売買できます。

もし、単元未満株を避けたい場合は、買い増しで1,000株以上に調整すると良いでしょう(例:1,000株、2,000株、3,000株・・・)。

関連記事

アーカイブ