初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

日本ペイントホールディングスが優待廃止を発表

10月22日、東証1部上場の日本ペイントホールディングス(4612)が株主優待の廃止を発表しました。

・自社製品・クオカード・食品ギフトを廃止(2019年12月が最後)
・投資資金:97万円~

詳細は以下の通りです。

株主優待の詳細

株主優待の内容

(1)対象となる株主・・・毎年12月31日現在の株主名簿に記載または記録された100株以上保有の株主
(2)株主優待の内容・・・※自社製品、クオカード、食品ギフト、社会貢献の中から1つ選択
(3)発送時期・・・毎年3月末ごろ(優待選択用紙)、毎年7月下旬ごろ(優待発送)
※3事業年度の継続保有・・・毎年12月31日現在の株主名簿に同一株主番号で3事業年度以上継続保有した株主。同一株主番号で6月30日および12月31日現在の株主名簿に7回以上記載または記録された株主。

保有期間と保有株数の一覧

3事業年度未満 3事業年度以上
100株以上 自社製品1,000円相当
クオカード500円分
社会貢献500円
自社製品1,500円相当
クオカード1,000円分
社会貢献1,000円
300株以上 自社製品3,000円相当
クオカード1,500円分
食品ギフト1,500円分
社会貢献1,500円
自社製品3,500円相当
クオカード2,000円分
食品ギフト2,000円分
社会貢献2,000円

日本ペイントホールディングスは自社製品、クオカード、食品ギフトです。毎年12月末の株主は年1回、優待がもらえました。優待の代わりに寄付を選ぶこともできました。

次回、2020年12月優待が廃止となり、2019年12月優待が最後です。

日本ペイントホールディングス日足チャート

日本ペイントホールディングス日足チャート

10月23日終値9,700円。2017年12月から始まった優待ですが、3回で終わってしまいました。

ただ、優待新設のときと同じく、廃止でも株価への影響は限定的です。

・株価9,700円×100株=97万円

日本ペイントホールディングスの株主になるには97万円の資金が必要です。

外国人投資家の保有比率も高いですし、少数株主が有利になる優待から、公平な株主還元へシフトしたようです。

関連記事

アーカイブ