初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

関門海が優待変更を発表(金額アップ)

7月15日、格安ふぐ料理でおなじみ、東証2部上場の関門海(3372)が株主優待の変更を発表しました。

・「優待券1,000円相当」→「優待券2,000円相当」
・権利付き最終日:2020年9月28日
・投資資金:30,900円~

詳細は以下の通りです。

株主優待の詳細について

(変更前)

(1)対象となる株主・・・毎年3月31日、9月30日現在の株主名簿に記載または記録された100株以上保有の株主
(2)株主優待の内容
・100株以上・・・優待券1,000円相当
・300株以上・・・優待券3,980円相当
・600株以上・・・優待券3,980円相当×2枚
・1,000株以上・・・優待券3,980円相当×3枚

(変更後)

(1)対象となる株主・・・毎年3月31日、9月30日現在の株主名簿に記載または記録された100株以上保有の株主
(2)株主優待の内容
・100株以上・・・優待券2,000円相当
・300株以上・・・優待券3,980円相当
・600株以上・・・優待券3,980円相当×2枚
・1,000株以上・・・優待券3,980円相当×3枚

関門海の株主優待は、3,980円(税抜)のコース料理で使える優待割引券です。毎年3月末・9月末の株主は年2回、優待がもらえます。

優待券は「お取り寄せ」でも利用可能です。後日発送されるパンフレットで内容を確認します。

今回の変更により、「100株以上300株未満」の株主向けに優待券の金額が2倍に増えました。300株以上の株主は変更なしです。

次回、2020年9月優待から新制度が適用されます。

9月優待の権利付き最終日は2020年9月28日です。優待がほしい場合、9月28日までに買えば間に合います。

関門海日足チャート

関門海日足チャート

7月15日終値309円。5月29日に415円まで急騰した後、株価は落ち着いています。

優待をもらうための投資資金について

・株価309円×100株=30,900円
・株価309円×300株=92,700円
・株価309円×600株=18万5400円
・株価309円×1,000株=30万9000円

優待をもらうためには、30,900円の投資資金が必要です。

近所に店舗がなくても、優待券は「お取り寄せ」で使えます。

コロナで株価が安くなっていますし、優待目当てで株主になってみてはいかがでしょうか。

関連記事

アーカイブ