初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

オプテックスグループが減配と優待廃止を発表(クオカード)

7月13日、東証1部上場のオプテックスグループ(6914)が配当予想の変更と株主優待の廃止を発表しました。

・記念配当がなくなり、年間配当1株30円
・クオカード廃止
・権利付き最終日:2020年12月28日
・投資資金:12万1500円~

詳細は以下の通りです。

配当予想の修正について

オプテックスグループ配当予想の修正について

2020年12月期(2020年1月~12月)の中間配当が1株15円になりました。期末配当1株15円を合わせると計30円になります。

ただ、前期は記念配当2.5円があったので、元にに戻っただけです。

株主優待の廃止について

(クオカード)

(1)対象となる株主・・・毎年12月31日現在の株主名簿に記載または記録された100株以上保有の株主
(2)株主優待の内容
・100株以上・・・クオカード1,000円分
・1,000株以上・・・クオカード3,000円分

オプテックスグループの株主優待はクオカードです。毎年12月末の株主は年1回、優待をもらえました。

2020年12月優待は廃止となります。2019年12月優待が最後です。

オプテックスグループ日足チャート

オプテックスグループ日足チャート

7月13日終値1,215円。優待廃止は13日取引終了後に発表されました。

14日以降の株価に影響すると予想されます。

配当をもらうための投資資金について

・株価1,215円×100株=12万1500円

株主優待はなくなりましたが、配当金はもらえます。次回、期末配当の権利付き最終日は2020年12月28日です。

1,500円分(15円×100株)の配当金をもらうなら、12万1500円の投資資金が必要です。

株価が下がると配当利回りが上がります。優待がなくても気にならない方は株主になってみてはいかがでしょうか。

関連記事

アーカイブ