旧ど素人の株ブログ。初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中(当サイトは広告を含みます)。

ベネフィット・ワンのTOBによる上場廃止と配当金、株主優待、株主の今後について(TOB価格2,173円)

2023.12.21

ベネフィット・ワンが上場廃止になる理由について

2024年2月8日、東証プライム上場の第一生命ホールディングス(8750)は、ベネフィット・ワン(2412)に対するTOBの詳細を発表しました。

第一生命はベネフィット・ワンの株を全部買い取って非公開にするため、ベネフィット・ワンは上場廃止になる予定です。

ベネフィット・ワンへは、エムスリー(2413)がTOB(株式公開買い付け)を行っています。今後は条件の変更は行わないと発表しているので、TOBは不成立となります。

エムスリーと第一生命によるTOBの条件について

エムスリーによるTOBの条件とスケジュールについて

(1)TOB価格・・・1,600円
(2)TOB期間・・・2023年11月15日(水)から2024年2月15日(木)まで
(3)決済の開始日・・・2024年2月22日(木)
(4)買付予定株数・・・上限8730万7300株、下限8121万0400株
(5)証券会社・・・SMBC日興証券
(6)配当、優待・・・変更なし

TOB価格1,600円、TOB期間は2023年11月15日(水)から2024年2月15日(木)までの60営業日です。

TOBの手続きはSMBC日興証券で行います。ベネフィット・ワンの株を買った証券会社から、SMBC日興証券に移管して(移動して)売却します。

TOBが不成立になった場合は、株主の保有株が戻ってきます。

第一生命によるTOBの条件とスケジュールについて

(1)TOB価格・・・2,173円
(2)TOB期間・・・2024年2月9日(金)から3月11日(月)まで
(3)決済の開始日・・・2024年3月18日(月)
(4)買付予定株数・・・上限なし、下限2451万1300株
(5)証券会社・・・みずほ証券
(6)配当・・・TOB成立を条件に無配
(7)優待・・・TOB成立を条件に廃止

TOB価格2,123円、TOB期間は2024年2月9日(金)から3月11日(月)まで20営業日です。期末配当と株主優待はTOB成立を条件になくなります。

第一生命ホールディングスによるTOBはTOB価格2,173円で買い取ってもらえます。ベネフィット・ワンの株を買った証券会社から、みずほ証券に移管して(移動して)売却します。

TOBに申し込むと、3月18日以降に投資資金が戻ってきます。

ベネフィット・ワンの今後の株価について

2月8日終値2,085円。9日以降に株価が上昇し、TOB価格にサヤ寄せする予定です。その後は上場廃止まで横ばいが続く見込みです。9日にTOB価格付近に到達するでしょう。

ベネフィット・ワンの配当金について

ベネフィット・ワンの配当金について

ベネフィット・ワンは3月決算企業で期末一括配当銘柄です。2024年3月期の期末配当については、TOB成立を条件に無配になります。前回予想は1株36円でした。

ただし、配当金がなくなるのはTOB成立が条件ですから、不成立となった場合は元に戻る可能性があります。

ベネフィット・ワンの株主優待について

(廃止になる優待)

(1)対象となる株主・・・毎年3月31日現在の株主名簿に記載または記録された100株以上保有の株主
(2)株主優待の内容
・100株以上・・・ベネフィット・ステーション株主コース

ベネフィット・ワンの株主優待は、自社福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」です。毎年3月末の株主は年1回、優待がもらえました。2024年3月優待についてもTOB成立を条件に廃止されます。2023年3月優待が最後です。

ただし、株主優待がなくなるのはTOB成立が条件ですから、不成立となった場合は元に戻る可能性があります。

ベネフィット・ワンの株主の今後について

ベネフィット・ワン月足チャート

ベネフィット・ワン月足チャート

月足チャートです。TOB価格の水準に黄色の線を引いています。黄色の線より低い水準で買った株主は含み益、高い水準で買った株主は含み損の状態です。仮にベネフィット・ワンの上場廃止が決定すると、株主の損益も確定します。

(1)含み益の投資家・・・TOB参加
(2)資金回収を急ぐ投資家・・・すでに売却済み

(1)TOBに参加するには、みずほ証券の口座が必要です。口座がある方は試してみてください。

(2)2023年からTOB合戦が始まっています。急ぐ投資家は、すでに売却済みでしょう。

関連記事

アーカイブ