初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

ランシステムが増配と優待廃止を発表

1月30日、ジャスダック上場のランシステム(3326)が配当予想の修正と株主優待の廃止を発表しました。

・5円増配で1株15円に
・ネットカフェ優待券などが廃止
・2,000株以上の株主から、変更の影響がなくなる

詳細は以下の通りです。

配当金の増額について

ランシステム:配当予想の修正

2020年6月期の期末配当が1株10円から15円に増額します。

ランシステムは6月決算企業で、期末一括配当銘柄です。

株主優待の詳細について

廃止された株主優待

(1)対象となる株主・・・毎年6月30日現在の株主名簿に記載または記録された100株以上保有の株主
(2)株主優待の内容
・100株以上・・・ネットカフェ優待券500円×6枚、クオカード1,000円分、ジェフグルメカード1,000円分のどれか一つ
・300株以上・・・ネットカフェ優待券500円×10枚、クオカード2,000円分、ジェフグルメカード2,000円分のどれか一つ
・500株以上・・・ネットカフェ優待券500円×20枚、クオカード3,000円分、ジェフグルメカード3,000円分のどれか一つ

ランシステムの優待は、ネットカフェ「自遊空間」の優待券、またはクオカード、またはジェフグルメカードです。

毎年6月末の株主は年1回、好きな優待が選べました。

しかし、2020年6月優待が廃止されて、2019年6月が最後となります。

ランシステムの株主還元の変化について

(100株の株主)

・2019年・・・優待券3,000円分+配当金1,000円
・2020年・・・配当金1,500円
・結果・・・2,500円分のマイナス

(300株の株主)

・2019年・・・優待券5,000円分+配当金3,000円
・2020年・・・配当金4,500円
・結果・・・3,500円分のマイナス

(500株の株主)

・2019年・・・優待券1万円分+配当金5,000円
・2020年・・・配当金7,500円
・結果・・・7,500円分のマイナス

(2,000株の株主)

・2019年・・・優待券1万円分+配当金2万円
・2020年・・・配当金3万円
・結果・・・プラスマイナスゼロ

保有株数ごとの変化はご覧の通りです。

優待がなくなる代わりに配当金が増えるので、2,000株以上の株主から優待廃止の影響がなくなります(配当金にかかる税金を省略)。

ランシステム日足チャート

ランシステム日足チャート

1月31日終値865円。安値830円を付けました。

優待投資家が処分して、その代わりに、リバウンド狙いの投資家が買っているようです。

配当をもらうために買うのもアリかもしれません。

次回、2020年6月の権利付最終日は6月26日です。

関連記事

アーカイブ

アクセス