旧ど素人の株ブログ。初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中(当サイトは広告を含みます)。

コタの株式分割と配当金、株主優待、株主への影響について

コタの株式分割の主なポイントについて

2024年1月31日、東証プライム上場のコタ(4923)が株式分割を発表しました。

・株式分割は「1→1.1」
・2025年3月期の配当金から影響あり

詳細は以下の通りです。

コタの株式分割の詳細について

コタは2024年1月31日を基準日として、「1→1.1」の株式分割を行います。

現在100株の株主は、株式分割によって110株に増加します。ただし、全体の投資資金は変わりません。

(分割前)株価1,650円×100株=(分割後)株価1,500円×110株=資金16万5000円

株数が1.1倍に増えても株価が1/1.1になるので、投資資金は16万5000円で変わりません。

2024年3月28日から株価が値下がりします。27日(水)までが分割前の株価、28日(木)から分割後の株価です。

単元未満株の売買について

なお、コタは100株単位で取引するので、10株が単元未満株になります。

単元未満株はSBI証券やマネックス証券、auカブコム証券などのネット証券を利用すれば、普通に売買できます。株数に応じて配当金ももらえます。

端株の取り扱いについて

分割前に単元未満株を保有する株主は、1株未満の端株(はかぶ)になる可能性があります。

例えば、コタを5株保有する株主の場合、分割後は5.5株になります。5株が単元未満株、0.5株が端株です。

端株は売却されて現金が戻ってきます。売却時の株価が1,500円だとすると

株価1,500円×0.5=750円

となり、750円が戻ります。上のコタ5株の場合、

(分割前)コタ5株
(分割後)コタ5株+現金750円

このように換わります。

コタの配当金への影響について

コタの配当金への影響について

コタは3月決算企業で期末一括配当銘柄です。毎年3月末に期末配当の権利がもらえます。

コタの配当金について

・2024年3月期の期末配当・・・1株20円
・2025年3月期の期末配当・・・1株20円(仮)

2025年3月期の期末配当から分割後の株主が対象です。株数が1.1倍に増えても配当金額が変わらない場合、実質的な増配になります。分割前で計算すると、年間で1株あたり2円増配です。

分割前100株の株主(2024年3月期の期末配当)

配当金20円×100株=2,000円

分割前100株の株主の場合、配当金は2,000円もらえます。

分割後110株の株主(2025年3月期の期末配当)

配当金20円×110株=2,200円

同じ株主が2025年3月期の期末配当をもらうケースです。1株あたりの配当金額が変わらないので、配当金は2,200円(税込)に増額します。

次回、2024年3月期の期末配当の権利付き最終日は2024年3月27日(水)です。配当金がほしい方は3月27日までに買えば間に合います。

コタの株主優待について

(分割前)

(1)対象となる株主・・・毎年3月31日現在の株主名簿に記載または記録された100株以上保有の株主
(2)株主優待の内容
・100株以上・・・5,000円相当の自社製品
・500株以上・・・8,000円相当の自社製品
・1,000株以上・・・12,000円相当の自社製品
・2,000株以上・・・15,000円相当の自社製品
・3,000株以上・・・19,000円相当の自社製品

コタの株主優待は自社製品です。毎年3月末の株主は年1回、優待がもらえます。継続保有期間が3年以上の株主は自社製品の金額がアップします。

2024年3月優待については、分割前の株主が対象です。2025年3月優待から分割後の株主が対象になります。分割後も条件が同じであれば、実質的な優待拡充です。

2024年3月優待の権利付き最終日は2024年3月27日(水)です。優待がほしい方は、3月27日までに買えば間に合います。

関連記事

アーカイブ