初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

ヤマハモーターロボティクス、TOB価格を上回る株価上昇

2020.04.18

ヤマハモーターロボティクスホールディングスの上場廃止と株主の今後についての続きです。

4月17日、東証1部上場のヤマハモーターロボティクスホールディングス(6274)の株価が、TOB価格750円を超えました。

ヤマハモーターロボティクスについては、ヤマハ発動機(7272)がTOBを行っています。TOB期間は2020年2月13日(木)から4月10日(金)までの40営業日です。

11日に結果が発表されて、TOB成立しました。

しかし、TOB終了後に株価が上昇しているので、誰かが買い占めているのかと気になるところです。

ヤマハモーターロボティクス2020年4月17日5分足チャート

ヤマハモーターロボティクスホールディングス2020年4月17日5分足チャート

4月17日終値748円。TOB価格の水準に黄色の線を引いてみました。

取引開始直後から株価が上昇し、10時22分に高値766円をつけています。

しかし、その後に失速。結局、748円の安値引けとなりました。

ヤマハモーターロボティクス日足チャート

ヤマハモーターロボティクスホールディングス日足チャート

日足チャートはこちら。

ヤマハ発動機によるTOBが成立し、その議決権は93%超になります。ヤマハモーターロボティクスは上場廃止を予定しています。

2020年も敵対的TOBや第三者の登場、TOB失敗など、注目のニュースがたくさん発表されました。

ただ、ヤマハモーターロボティクスがこれらに該当するとは考えにくいです。

ヤマハ発動機が93%超も買い占めてしまうと、市場に流通する株数が極端に少なくなっています。

まとまった買い注文が出ると、それに見合う売り注文がなく、株価も上がりやすいです。

株価上昇は一時的なものと考えた方が良いでしょう。

続きはこちら(ヤマハモーターロボティクスの上場廃止日決定(2020年5月25日))

関連記事

アーカイブ