初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

(追記あり)大都魚類の上場廃止と配当金、株主の今後について

2020.03.31

3月30日、東証1部上場のマルハニチロ(1333)は、大都魚類(8044)に対して、TOB(株式公開買い付け)を行うと発表しました。

・TOB価格1,225円
・みずほ証券でTOB申込可能
(追記)2020年6月18日上場廃止

TOB価格は1,225円、TOB期間は2020年3月31日(火)から5月21日(木)までの34営業日です。

手続きが順調に進むと、大都魚類は上場廃止になります。

大都魚類の株主は、TOBに参加して1,225円で保有株を買い取ってもらうか、もしくは、株価が1,225円に近づいたら、株式市場で売却することができます。

大都魚類の今後の株価について

日付 株価 前日比
3/30 776
3/31 926 +150
4/1 1,076 +150
4/2 1,225 +149

3月31日終値926円。株価が上昇し、TOB価格にサヤ寄せしています。

今後、TOB価格付近まで上昇し、その後は何もなければ上場廃止まで横ばいが続く見込みです。

4月2日にTOB価格付近に到達するでしょう。

TOBに参加するメリットについて

メリットは、TOB価格1,225円で買い取ってもらえること、TOBの手続きを経験できることです。

具体的には、大都魚類株を購入した証券会社から、みずほ証券に移管して(移動して)売却します。

5月28日以降に投資資金が戻ってきます。

大都魚類の配当金について

大都魚類は3月決算企業で期末一括配当です。次回は2021年3月の期末配当です。

しかし、TOBのスケジュールを考えると、次回の期末配当までに上場廃止になるでしょう。2020年3月が最後と思われます。

大都魚類の株主の今後について

大都魚類月足チャート

大都魚類月足チャート

月足チャートです。TOB価格の水準に黄色の線を引いています。

TOB価格より安い値段で買った投資家は含み益、逆に、高い値段で買った投資家は含み損の状態です。

仮に、大都魚類の上場廃止が決定すると、投資家の損益も確定します。

(1)含み益の投資家・・・TOB参加
(2)含み損の投資家・・・TOB価格引き上げを期待
(3)資金回収を急ぐ投資家・・・夜間取引もしくは株式市場で売却

(1)TOBの申し込みには、みずほ証券の口座が必要です。みずほ証券の口座がある方はTOBに参加してみてはいかがでしょうか。

(2)投資期間が長い株主ほど、含み損になっています。1株純資産が3,000円超あるので、TOB価格引き上げを期待したいです。

(3)4月1日の夜間取引から売却できます。SBI証券・楽天証券・松井証券で保有している方は試してみてください。

株式市場の場合は4月2日から普通に売却できるでしょう。

(追記)大都魚類の上場廃止日決定

大都魚類の上場廃止までのスケジュールが決定しました。

上場廃止日は2020年6月18日(木)、売買最終日は6月17日(水)です。

大都魚類の株主は、売買最終日までに売却しないと、1,225円で強制買い取りとなります。6月22日以降、「1,225円×株数」の投資資金が戻ってきます。

株主のみなさん、どうもお疲れさまでした。

関連記事

アーカイブ

アクセス