初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

NISA口座、暴落したら高配当・優待銘柄を買って待つ

2020.03.15

NISAランキング紹介です。SBI証券のNISAランキングでは、このような結果になりました。

買付金額ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8591 オリックス 1,379
2 8411 みずほフィナンシャル・グループ 112.5
3 4502 武田薬品工業 3,105
4 1570 日経平均レバレッジ上場投信 11,880
5 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 397.1
6 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 1,957.5
7 3197 すかいらーくホールディングス(6月・12月優待) 1,514
8 9201 日本航空 1,927
9 7203 トヨタ自動車 6,084
10 7751 キヤノン 2,131.5

出来高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8411 みずほフィナンシャルグループ 112.5
2 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 397.1
3 8918 ランド 8
4 9318 アジア開発キャピタル 6
5 2315 CAICA 17
6 1357 日経ダブルインバース 1,531
7 6628 オンキヨー 10
8 7201 日産自動車 382.7
9 1699 野村原油 208
10 6740 ジャパンディスプレイ 40

保有残高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 1,957.5
2 8411 みずほフィナンシャルグループ 112.5
3 9434 ソフトバンク 1,426
4 3197 すかいらーくホールディングス(6月・12月優待) 1,514
5 8591 オリックス 1,379
6 7751 キヤノン 2,131.5
7 8267 イオン 1,883
8 7201 日産自動車 382.7
9 4502 武田薬品工業 3,105
10 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 397.1

買付金額ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8591 オリックス 1,379
2 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 1,957.5
3 3197 すかいらーくホールディングス(6月・12月優待) 1,514
4 4502 武田薬品工業 3,105
5 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 397.1
6 8411 みずほフィナンシャルグループ 112.5
7 9201 日本航空 1,927
8 7751 キヤノン 2,131.5
9 1570 日経平均レバレッジ上場投信 11,880
10 2702 日本マクドナルドホールディングス(6月・12月優待) 4,470

出来高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8411 みずほフィナンシャルグループ 112.5
2 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 397.1
3 8591 オリックス 1,379
4 8894 REVOLUTION 31
5 1357 日経ダブルインバース 1,531
6 3197 すかいらーくホールディングス(6月・12月優待) 1,514
7 8585 オリエントコーポレーション 106
8 3387 クリエイト・レストランツ・ホールディングス 574
9 9831 ヤマダ電機 419
10 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 1,957.5

保有残高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8591 オリックス 1,379
2 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 1,957.5
3 3197 すかいらーくホールディングス(6月・12月優待) 1,514
4 4661 オリエンタルランド 12,160
5 8411 みずほフィナンシャルグループ 112.5
6 9434 ソフトバンク 1,426
7 9433 KDDI 2,763
8 7201 日産自動車 382.7
9 3387 クリエイト・レストランツ・ホールディングス 574
10 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 397.1

※2月・8月優待銘柄をピンクで表示、3月・9月優待銘柄をブルーで表示。

3月9日から13日までの様子です。各国の株式市場で株価が暴落した1週間。日経平均株価は一時17,000円割れとなりました。

あわてふためく投資家がいる中で、個人投資家はNISA口座で高配当利回りの銘柄、優待銘柄を優先的に買っているようです。

みずほフィナンシャルグループ、三菱UFJフィナンシャル・グループ、武田薬品工業のように、配当金がたくさんもらえる企業は、株価が下がるほど配当利回りが高くなります。

例えば、1株7.5円もらえる銘柄の株価が200円のときと100円の時を比べると、

・配当利回り=配当金7.5円÷株価200円×100=3.75%
・配当利回り=配当金7.5円÷株価100円×100=7.5%

株価が半値になると配当利回りが2倍になります。

安定的に配当金が出る企業は人気が高く、有名企業ほど買いやすいです。不景気になっても、倒産しない安心感があるようです。

優待銘柄については、いつもの常連が取引されました。珍しいところでは、ひさしぶりに日本マクドナルドホールディングスがランクインしました。

マクドナルドの優待は食事券です。業績好調なマクドナルドも株価が下がったので買いやすくなり、人気が出たようです。

その他、日経平均株価の約2倍、値段が動く、日経平均レバレッジ上場投信、日経ダブルインバースは先週と同じく買われました。

日経ダブルインバースの株価は直近1ヶ月で約2倍に急騰しています。リスクヘッジに活用できる銘柄です。

次週、3月20日が春分の日のため、4営業日となります。金曜日のNY市場が大幅高になったことで、月曜日の日本市場もリバウンドが期待できそうです。

関連記事

アーカイブ