初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

昭和飛行機工業、ベインキャピタルによるTOB成立

2020.03.11

昭和飛行機工業の特別配当の権利落ち日の続きです。

米投資ファンド「ベインキャピタル」は、昭和飛行機工業(7404)に対して、TOB(株式公開買い付け)を実施していました。

TOB価格2,129円、TOB期間は2020年2月10日(月)から3月10日(火)までの20営業日です。

2020年3月11日に結果が発表され、「TOB成立」しました。

TOBの結果について

今回のTOBは、購入株数に下限が設定されています。2174万2900株です。株主の応募がこの株数に満たない場合は、すべての買付が行われません。

昭和飛行機工業:TOBの結果

これに対して、株主が応募した株数の合計は3015万3582株でした。下限をクリアしたので、応募した株数は全てベインキャピタルが買い取ります。

昭和飛行機工業:TOBの結果

議決権が92%を超えたことから、今後、上場廃止に向けた手続きが進む見込みです。

昭和飛行機工業日足チャートと、横ばいが続く理由について

昭和飛行機工業日足チャート

3月11日終値2,116円。

昭和飛行機工業へのTOBは、特別配当631円が実施されたことで、配当権利落ちが起きました。

以降、TOB価格付近で横ばいが続いています。

株価がTOB価格2,129円より大幅に安くなれば、株式市場で買ってTOBに申し込むと差額が儲かります。そのため、株価が下がったら、すぐに買い手が現れるので、大きく崩れずに横ばいが続くことになります。

応募した株主の今後について

TOBに応募した株主は、3月17日以降、「2,129円×株数」の投資資金が戻ってきます。

例えば、100株応募した場合

TOB価格2,129円×100株=21万2900円

となり、投資資金21万2900円が戻ります。口座に反映される時期は送金方法によって異なります。

気になる方は、auカブコム証券に聞いてみてはいかがでしょうか。

続きはこちら(昭和飛行機工業の上場廃止日決定)

関連記事

アーカイブ