初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

ニューフレアテクノロジーの上場廃止日決定

2020.02.08

ニューフレアテクノロジー、東芝によるTOB成立、HOYA撤退の続きです。

ニューフレアテクノロジー(6256)の上場廃止日が決定しました。

上場廃止日は2020年3月30日(月)、最終売買日は3月27日(金)です。

ニューフレアテクノロジーの株主は、最終売買日までに売却しないと保有株が強制的に買い取られて、4月1日以降に「11,900円×株数」の投資資金が戻ってきます。

ニューフレアテクノロジー日足チャート

ニューフレアテクノロジー日足チャート

(1)2019年11月13日・・・東芝によるTOB(TOB価格11,900円)
(2)2019年12月13日・・・HOYA参戦(TOB価格12,900円)
(3)2020年1月17日・・・東芝によるTOB成立、HOYA撤退
(4)2020年3月30日・・・上場廃止

(1)株価を振り替えると、まず、報道で急騰し、正式発表でTOB価格11,900円にサヤ寄せします。サヤ寄せ後は、しばらく横ばいです。

(2)HOYAが12,900円でTOBを行うと発表すると、投資家の思惑もあり、高値13,670円を付けました。しかし、その後が続きません。

(3)最終的に東芝が勝利。11,900円で決着します。

本格的なTOB合戦にならずに、そのまま終わったサンプルです。

株主のみなさん、どうもお疲れさまでした。

以下、ニューフレアテクノロジーの関連記事です。




関連記事

アーカイブ

アクセス