初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

(追記あり)総合メディカルホールディングスのMBOによる上場廃止と株主優待、配当金、株主の今後について

2020.02.06

2月5日、東証1部上場の総合メディカルホールディングス(9277)は、MBO(経営陣等による自社買収)を発表しました。

・TOB価格2,550円
・野村證券でTOB申し込み可能
・TOB成立を条件に、株主優待と期末配当が廃止
(追記)2020年4月17日上場廃止

TOB価格は2,550円、TOB期間は2020年2月6日(木)から3月23日(月)までの30営業日です。

手続きが順調に進むと、総合メディカルホールディングスは上場廃止になります。これに伴い、TOB成立を条件に、株主優待と期末配当が廃止されます。

総合メディカルホールディングスの株主は、TOB(株式公開買い付け)に参加して、2,550円で保有株を買い取ってもらうか、もしくは、株価が2,550円に近づいたら、株式市場で売却することができます。

総合メディカルホールディングスの今後の株価について

2月6日終値2,546円。株価が上昇し、TOB価格にサヤ寄せしました。

今後、何も起きなければ、上場廃止まで横ばいが続く見込みです。

TOBに参加するメリットについて

メリットは、TOB価格2,550円で買い取ってもらえること、TOBの手続きを経験できることです。

具体的には、総合メディカルホールディングス株を購入した証券会社から、野村證券に移管して(移動して)売却します。

3月30日以降、投資資金が戻ってきます。

総合メディカルホールディングスの配当金について

総合メディカルホールディングス:2020 年3月期の期末配当予想の修正及び株主優待制度の廃止に関するお知らせ

2020年3月期の配当金(期末配当)が、1株13.75円から無配に変更されます。

TOB成立が条件なので、不成立になった場合は元に戻る可能性があります。

総合メディカルホールディングスの株主優待について

(廃止になる優待)

(1)対象となる株主・・・毎年3月31日現在の株主名簿に記載または記録された100株以上保有の株主
(2)株主優待の内容・・・株主優待ポイント6,000ポイント

総合メディカルホールディングスの株主優待はポイントです。毎年3月末の株主は年1回、優待がもらえました。

2020年3月優待が廃止され、2019年3月が最後となります。

ただし、優待についても、廃止はTOB成立が条件なので、不成立になった場合は元に戻る可能性があります。

総合メディカルホールディングスの株主の今後について

総合メディカルホールディングス月足チャート

総合メディカルホールディングス月足チャート

月足チャートです。TOB価格の水準に黄色の線を引いています。

TOB価格より安い値段で買った投資家は含み益、高い値段で買った投資家は含み損の状態です。

仮に、総合メディカルホールディングスの上場廃止が決定すると、投資家の損益も確定します。

(1)含み益の投資家・・・TOB参加
(2)含み損の投資家・・・TOB価格引き上げを期待
(3)資金回収を急ぐ投資家・・・株式市場で売却
(4)優待投資家・・・優待廃止決定後に売却して乗り換える

(1)TOBに参加するには、野村證券の口座が必要です。口座がある方は参加してみてはいかがでしょうか。

(2)上場直後の株主に含み損の方が多いです。2,800円くらいになれば良いんですけどね。

(3)すでに株価がTOB価格にサヤ寄せしています。いつでも利益確定できる状況です。

(4)株主優待の廃止が決まったら、株式市場で売却し、別の優待銘柄に乗り換えたいです。3月24日以降にTOBの結果および優待の廃止(or継続)がわかります。

3月優待銘柄の権利付最終日が3月27日のため、スケジュールがタイトですが、試す価値はあるでしょう。

(追記)総合メディカルホールディングスの上場廃止日決定

総合メディカルホールディングスの上場廃止までのスケジュールが決定しました。

上場廃止日は2020年4月17日(金)、売買最終日は4月16日(木)です。

総合メディカルホールディングスの株主は、売買最終日までに売却しないと、2,550円で強制買い取りとなります。4月21日以降、「2,550円×株数」の投資資金が戻ってきます。

株主のみなさん、どうもお疲れさまでした。

関連記事

アーカイブ