初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

2020年最初のNISA口座

2020.01.12

NISAランキング紹介です。SBI証券のNISAランキングでは、このような結果になりました。

買付金額ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 2,415.5
2 9434 ソフトバンク 1,477
3 8411 みずほフィナンシャルグループ 167.2
4 9202 ANAホールディングス 3,588
5 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 578.2
6 7201 日産自動車 636.9
7 8058 三菱商事 2,897
8 9201 日本航空 3,432
9 8591 オリックス 1,858.5
10 1570 日経平均レバレッジ上場投信 22,730

出来高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8411 みずほフィナンシャルグループ 167.2
2 8918 ランド 12
3 1491 中外鉱業 20
4 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 2,415.5
5 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 578.2
6 7201 日産自動車 636.9
7 1757 クレアホールディングス 28
8 3250 エー・ディー・ワークス(6月・12月優待) 30
9 4689 Zホールディングス 481
10 3528 プロスペクト 32

保有残高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8411 みずほフィナンシャルグループ 167.2
2 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 2,415.5
3 3197 すかいらーくホールディングス(6月・12月優待) 2,154
4 9434 ソフトバンク 1,477
5 7201 日産自動車 636.9
6 8591 オリックス 1,858.5
7 7751 キヤノン 3,060
8 8267 イオン 2,280
9 4502 武田薬品工業 4,379
10 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 578.2

買付金額ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 2,415.5
2 8591 オリックス 1,858.5
3 9434 ソフトバンク 1,477
4 9202 ANAホールディングス 3,588
5 9201 日本航空 3,432
6 9832 オートバックスセブン 1,701
7 9433 KDDI 3,288
8 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 578.2
9 1357 日経ダブルインバース 863
10 4188 三菱ケミカルホールディングス 811.2

出来高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8918 ランド 12
2 8411 みずほフィナンシャルグループ 167.2
3 1491 中外鉱業 20
4 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 2,415.5
5 3528 プロスペクト 32
6 8698 マネックスグループ 282
7 8591 オリックス 1,858.5
8 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 578.2
9 9434 ソフトバンク 1,477
10 1357 日経ダブルインバース 863

保有残高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8591 オリックス 1,858.5
2 3197 すかいらーくホールディングス(6月・12月優待) 2,154
3 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 2,415.5
4 4661 オリエンタルランド 15,915
5 8411 みずほフィナンシャルグループ 167.2
6 9433 KDDI 3,288
7 9434 ソフトバンク 1,477
8 3387 クリエイト・レストランツ・ホールディングス 2,044
9 7201 日産自動車 636.9
10 3048 ビックカメラ 1,266

※2月・8月優待銘柄をピンクで表示、3月・9月優待銘柄をブルーで表示。

1月6日から10日までの様子です。前回が12月30日の1営業日だったため、ランキングに「新」マークがたくさん付いています。

銘柄が大幅に入れ替わっていますが、逆に、この週が、いつものランキングと考えるのが良いでしょう。

中東情勢の不安定化により、日本の株式市場は上へ下へと荒っぽい値動きが続いています。NISA口座については、それらの影響を受けることなく、いつも通りに優待銘柄が取引されています。

ただ、日経平均レバレッジ上場投信(上がると儲かる)、日経ダブルインバース(下がると儲かる)にように、急激な株価変動を利用した短期投資も増えています。

年明けで2020年の相場が始まったばかりですから、様子見の投資家も多いと思います。これから月末に向けて、元通りになることを期待したいです。

関連記事

アーカイブ

アクセス