初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

Window7の買い換えで、在庫のないパソコンを買ってはいけない(2)

(1)の続きです。

Windows7のパソコンからの買い換えで、サポート終了までに間に合わないという話の続きです。

・11月30日・・・注文
・12月4日・・・入金
・12月6日・・・手配中のメール(おや?)
・12月7日・・・メーカーへ納期確認中のメール(おかしいぞ?)
・12月11日・・・商品到着が2020年2月上旬以降と判明
・12月15日・・・メールで経過報告
・12月22日・・・メールで経過報告
・12月29日・・・メールで経過報告←今ココ
・2020年1月14日・・・Window7サポート終了(間に合わない)
・2020年2月上旬・・・パソコン到着予定(これも疑わしい)

週1のペースで「出荷を早めるために調整中」とのメールが来ます。おそらく、キャンセルさせないための対応でしょう。

12月15日・22日・29日のメールは全て同じ内容です。具体的な情報はなく、出荷を早めるようにメーカーと交渉中であること、商品到着が遅くなることへのお詫びが載っています。

現在、注文した通販サイトでは、初売りセールが行われています。同じメーカーのデスクトップパソコンを見てみると、品切れと取り寄せ商品ばかりになっています。閉店間際のスーパーのようです。Amazonなどと比べると、品揃えが全然違います。

1月14日までに間に合わないでしょう。

関連記事

アーカイブ