初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

11月最後のNISA口座

2019.12.01

NISAランキング紹介です。SBI証券のNISAランキングでは、このような結果になりました。

買付金額ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 2,494.5
2 6502 東芝 3,930
3 1357 日経ダブルインバース 918
4 7201 日産自動車 678.8
5 9434 ソフトバンク 1,486
6 4755 楽天(12月優待) 949
7 8591 オリックス 1,792.5
8 4689 Zホールディングス 377
9 4004 昭和電工 2,923
10 9984 ソフトバンクグループ 4,253

出来高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8411 みずほフィナンシャルグループ 169.2
2 8918 ランド 12
3 8925 アルデプロ 67
4 3528 プロスペクト 31
5 9318 アジア開発キャピタル 9
6 9399 ビート・ホールディングス・リミテッド 195
7 7201 日産自動車 678.8
8 1757 クレアホールディングス 18
9 4689 Zホールディングス 377
10 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 578.1

保有残高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8411 みずほフィナンシャルグループ 169.2
2 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 2,494.5
3 3197 すかいらーくホールディングス(6月・12月優待) 2,188
4 7201 日産自動車 678.8
5 9434 ソフトバンク 1,486
6 8591 オリックス 1,792.5
7 7751 キヤノン 3,030
8 8267 イオン 2,233
9 8031 三井物産 1,939.5
10 4502 武田薬品工業 4,455

買付金額ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 2,494.5
2 3197 すかいらーくホールディングス(6月・12月優待) 2,188
3 8591 オリックス 1,792.5
4 4004 昭和電工 2,923
5 9434 ソフトバンク 1,486
6 3048 ビックカメラ 1,195
7 7201 日産自動車 678.8
8 3451 トーセイ・リート投資法人 投資証券 135,000
9 1357 日経ダブルインバース 918
10 4680 ラウンドワン 1,101

出来高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8411 みずほフィナンシャルグループ 169.2
2 6628 オンキヨー 34
3 9318 アジア開発キャピタル 8
4 7201 日産自動車 678.8
5 8591 オリックス 1,792.5
6 9399 ビート・ホールディングス・リミテッド 195
7 3197 すかいらーくホールディングス(6月・12月優待) 2,188
8 8508 Jトラスト 466
9 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 2,494.5
10 2928 ライザップグループ 258

保有残高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 3197 すかいらーくホールディングス(6月・12月優待) 2,188
2 8591 オリックス 1,792.5
3 4661 オリエンタルランド 15,145
4 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 2,494.5
5 8411 みずほフィナンシャルグループ 169.2
6 9433 KDDI 3,139
7 7201 日産自動車 678.8
8 3387 クリエイト・レストランツ・ホールディングス 1,835
9 9434 ソフトバンク 1,486
10 3048 ビックカメラ 1,195

※2月・8月優待銘柄をピンクで表示、3月・9月優待銘柄をブルーで表示。

11月25日から29日までの様子です。2019年も残り1ヶ月となりました。

NISA口座では前週を同じく、12月優待銘柄が人気です。すかいらーくホールディングスと日本たばこ産業は安定して取引されています。

3月優待銘柄も根強い人気です。オリックスや日産自動車は定番です。

その他、日立化成の買収報道で昭和電工がランクイン。株価が値下がりしているので、個人投資家が得意とする逆張り投資家もしれません。

また、NY株式市場が史上最高値を更新し、日経平均株価も恩恵を受けて上昇しています。

高値を警戒する投資家が多いようで、株価が急落したときに儲かる「日経平均ダブルインバース」がランキング上位になりました。

別の銘柄に投資していると、株価が逆の動きをするので、保険的な使い方もできます。

関連記事

アーカイブ

アクセス