初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

青木あすなろ建設の上場廃止と株主優待、株主の今後について

2019.08.06

8月6日、東証1部上場の高松コンストラクショングループ(1762)は、青木あすなろ建設(1865)に対して、TOB(株式公開買付)を行うと発表しました。

TOB価格は1,210円、TOB期間は2019年8月7日(水)から9月19日(木)までの30営業日です。

手続きが順調に進むと、青木あすなろ建設は上場廃止になります。

これに伴い、TOB成立を条件に、2020年3月期の期末配当および株主優待が廃止になります。

青木あすなろ建設の株主は、TOBに参加して、1,210円で保有株を買い取ってもらうか、もしくは、株価が1,210円に近づいたら、株式市場で売却することができます。

青木あすなろ建設の今後の株価について

日付 株価 前日比
8/6 788
8/7 938 +150
8/8 1,088 +150
8/9 1,210 +122

8月6日終値788円。7日以降、株価が上昇し、TOB価格にサヤ寄せする予定です。

その後、何も起きなければ、上場廃止まで横ばいが続く見込みです。

8月9日にはTOB価格付近に到達するでしょう。

TOBに参加するメリットについて

メリットは、TOB価格1,210円で買い取ってもらえること、TOBの手続きを経験できることです。

具体的には、青木あすなろ建設株を購入した証券会社から、大和証券に移管して(移動して)売却します。

9月27日以降、投資資金が戻ってきます。

青木あすなろ建設の株主優待について

廃止予定の株主優待

(1)対象となる株主・・・毎年3月末現在の株主名簿に記載または記録された500株以上保有の株主
(2)株主優待の内容
・500株以上・・・南魚沼産コシヒカリ新米(5kg)
・2,000株以上(5年以上)・・・南魚沼産コシヒカリ新米(10kg)
※他、寄付あり

青木あすなろ建設の株主優待はコシヒカリ新米です。毎年3月末の株主は年1回、優待がもらえました。

次回、2020年3月優待が廃止となり、2019年3月優待が最後です。

青木あすなろ建設の株主の今後について

青木あすなろ建設月足チャート

月足チャート10年分です。

TOB価格1,210円が直近の高値を超えているため、ほとんどの株主が含み益の状態です。

(1)含み益たっぷりの投資家・・・TOB参加もアリ
(2)資金回収を急ぐ投資家・・・株式市場で売却
(3)優待投資家・・・TOB成立後に別の優待銘柄に乗り換え

(1)大和証券の口座を持っている方は、TOBに参加してみてはいかがでしょうか。

(2)8月9日にTOB価格に近づく予定です。それより早く売ると、儲け損なうので注意したいです。

(3)優待廃止はTOB成立が条件です。決定してから別の優待銘柄に乗り換えたいです。

9月20日にTOBの結果がわかるので、9月優待銘柄(権利付最終日9月26日)に間に合うでしょう。

青木あすなろ建設は、高松コンストラクショングループが79%を保有する大株主になっています。

親子上場の解消ですから、大きな波乱なく進みそうです。

関連記事

アーカイブ

アクセス