初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

UMNファーマが債務超過解消で猶予期間入り銘柄を解除される

2018.03.30

3月30日昼、東証は、上場廃止の猶予期間入り銘柄となっていたUMNファーマ(4585)を解除したと発表しました。

UMNファーマは、2016年12月期に債務超過となっていました。2期連続で債務超過だと上場廃止ですから、リーチがかかっていた状態です。

ただ、2017年に第三者割当増資を実施したので、すでに債務超過は解消しています。

今回の発表は、その結果を受けてということになります。

UMNファーマ日足チャート

3月30日終値480円。

猶予期間入り銘柄の解除が発表されたときよりも、増資が発表されたときの方が株価へのインパクトは大きいです。

チャートをご覧の通り、10月31日から始まった株価急騰が際立っています。

同様の事例では、本日猶予期間入り銘柄となった、東証2部上場のエルナー(6972)もそうです。

エルナーは、2月26日に第三者割当増資を発表しました。増資によって債務超過が解消しますから、猶予期間入り銘柄も解除されるでしょう。

エルナー日足チャート

3月30日終値108円。こちらも増資発表後に株価が急騰しています。

債務超過の銘柄は、株価が安くなったときに仕込んでおくと、復活したときに良い思いができるかもしれません。

関連記事

アーカイブ

アクセス