旧ど素人の株ブログ。初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

IPOの大株主って儲かるの?

新規に株式市場に上場するIPO(新規公開株・新規上場株式)。人気のIPOは、その値段が急騰し、プラチナチケットとなります。

では、IPOになる前から未公開株を保有している大株主は、一体どのくらい儲かるのでしょうか?今回、9月IPOの大株主(上場企業)をピックアップしてみました。

9月IPO(予定含む)の主な大株主(上場企業)

ジャパンインベストメントアドバイザー(7172)9/11上場

・双日(2768)1.85%

ロックオン(3690)9/17上場

・サイバーエージェント(4751)2.03%

・セプテーニ(4293)1.72%

・博報堂DYホールディングス(2433)1.01%

リアルワールド(3691)9/18上場

・オークファン(3674)0.98%

・アドウェイズ(2489)0.80%

リボミック(4591)9/25上場

・大塚製薬(大塚HD:4578)30.53%

ホットランド(3196)9/30上場

・イオンモール(8905)6.56%

・日本製粉(2001)3.04%

※「%」は大株主の保有比率

大株主の中には、純粋な投資ではなく、取引先等が含まれます。ただし、上場企業でもベンチャーキャピタル(ジャフコ・SBI・日本アジア投資等)のような投資メインの企業は今回の対象から外しました。

上記一覧の大株主は、時々、IPOをきっかけに株価が上昇することがあります。そのタイミングは、(1)上場承認されたとき、(2)IPO直後の株価急騰、の2つがメインです。

(1)は、ニュースになった「リクルート(6098)10/16上場」が当てはまります。リクルートの大株主は、有名な上場企業がたくさん含まれます。これらの上場企業の株価が上がることがあるわけです。

(2)は、本日上場のジャパンインベストメントアドバイザー(JIA)が当てはまります。公開価格2,550円に対して、5,870円買い気配で売買が成立せずに取引を終了しました。この先、JIAの株価がぐんぐん値上がりすると、JIA株を保有する双日の含み益も拡大することになります(※保有株を売らなければ)。

9月以降、10月~12月もIPOラッシュが予想されます。IPOだけでなく、その大株主の株価にも注目です。

関連記事

アーカイブ