旧ど素人の株ブログ。初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

サハダイヤモンドの結果は最短で、いつわかるの?

2016.09.27

サハダイヤモンドの株価急落と上場廃止基準の続きです。

9月30日および9月の平均株価が10円に以上にならないと上場廃止になってしまうサハダイヤモンド(9898)。そのカウントダウンが始まっています。

低位株・超低位株が好みの管理人としては、サハダイヤモンドには上場廃止になってほしくないです。しかし、投資家は常に最悪のケースを考えながら行動するものです。特に、株価の安い銘柄を売買する人は、これらの情報に敏感になります。

サハダイヤモンドの時系列株価と9月平均株価

日付 株価 平均株価
9/23 3 7.27
9/26 3 7
9/27 2 6.71
9/28 1(仮) 6.39
9/29 31(仮) 7.68
9/30 61(仮) 10.35

9月23日から30日までの株価です(28日以降は仮定)。サハダイヤモンドの27日終値は2円。最短で9月29日取引終了後にサハダイヤモンドの結果がわかります。

日本の株式市場には値幅制限があるので、株価100円未満の銘柄は1日に30円しか上がりません。仮に、9月28日終値が1円だとすると、9月29日は28円まで上がらないと平均株価が10円以上になりません。9月28日が2円なら9月29日は27円、9月28日が3円でも9月29日は27円です。

いずれにしても、「9月の平均株価が10円以上にならない」とわかるのが9月29日です。

サハダイヤモンドはマネーゲームが起きるのか?

大株主の動向に左右されますが、かなり厳しい状況です。一度でも1円売り気配になると、株価が回復するのはかなり難しいです。

現在、サハダイヤモンドの株主で、1円でも多く投資資金を回収したい方は、早めに持株を売却することをオススメします。

関連記事

アーカイブ