初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

リオ五輪後のNISA口座

2016.08.28

NISAランキング紹介です。SBI証券のNISAランキングでは、このような結果になりました。

買付金額ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8267 イオン 1,471.5
2 3543 コメダホールディングス 1,815
3 7201 日産自動車 974
4 9861 吉野家ホールディングス 1,460
5 7751 キヤノン 2,859.5
6 3048 ビックカメラ 826
7 7779 CYBERDYNE 1,618
8 8411 みずほフィナンシャルグループ 167.9
9 9202 ANAホールディングス 273.9
10 4528 小野薬品工業 2,710.5

出来高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8411 みずほフィナンシャルグループ 167.9
2 1491 中外鉱業 30
3 6753 シャープ 131
4 9898 サハダイヤモンド 7
5 3777 ジオネクスト 80
6 9318 アジア開発キャピタル 11
7 9202 ANAホールディングス 273.9
8 6502 東芝 302
9 3647 ジー・スリーホールディングス 159
10 8107 キムラタン 6

保有残高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8411 みずほフィナンシャルグループ 167.9
2 8031 三井物産 1,342
3 7203 トヨタ自動車 5,911
4 7751 キヤノン 2,859.5
5 8267 イオン 1,471.5
6 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 518.7
7 4502 武田薬品工業 4,489
8 9202 ANAホールディングス 273.9
9 8053 住友商事 1,089.5
10 9316 三井住友フィナンシャルグループ 3,370

買付金額ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 3387 クリエイト・レストランツ・ホールディングス 1,009
2 3048 ビックカメラ 826
3 7203 トヨタ自動車 5,911
4 9861 吉野家ホールディングス 1,460
5 8591 オリックス 1,380
6 4661 オリエンタルランド 6,065
7 7201 日産自動車 974
8 3543 コメダホールディングス 1,815
9 4594 グリーンペプタイド 653
10 9831 ヤマダ電機 489

出来高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 1491 中外鉱業 30
2 9202 ANAホールディングス 273.9
3 3048 ビックカメラ 826
4 3387 クリエイト・レストランツ・ホールディングス 1,009
5 9831 ヤマダ電機 489
6 9041 近鉄グループホールディングス 393
7 8411 みずほフィナンシャルグループ 167.9
8 4594 グリーンペプタイド 653
9 7201 日産自動車 974
10 1802 大林組 937
10 9861 吉野家ホールディングス 1,460

保有残高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 4661 オリエンタルランド 6,065
2 8411 みずほフィナンシャルグループ 167.9
3 7203 トヨタ自動車 5,911
4 8591 オリックス 1,380
5 3048 ビックカメラ 826
6 7751 キヤノン 2,859.5
7 9202 ANAホールディングス 273.9
8 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 518.7
9 3387 クリエイト・レストランツ・ホールディングス 1,009
10 9861 吉野家ホールディングス 1,460

8月22日から26日までの様子です。

8月26日が株主優待の権利付最終日だったため、8月の銘柄が多くなっています。8月に権利がもらえる銘柄をピンクで、9月に権利がもらえる銘柄をブルーで色づけしました。

NISA口座では、駆け込みで8月銘柄を買っているようです。イオン(8267)、吉野家ホールディングス(9861)、ビックカメラ(3048)は有名ですが、6月30日に上場したコメダホールディングス(3543)も人気がありますね。

一方、出来高ランキングは低位株・超低位株が人気です。中外鉱業のように株価が急騰すると、類似銘柄がたくさん取引されるのもわかります。

また、ジュニアNISA口座の優待銘柄人気も相変わらずです。8月銘柄に加えて、ヤマダ電機(9831)のような9月銘柄がランキングに入ってきました。どちらの口座でも優待銘柄が取引されていますが、ジュニアNISAの方が、少し季節を先取りしている感じがします。

関連記事

アーカイブ