旧ど素人の株ブログ。初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

高値を警戒するNISA口座

2021.09.11

NISAランキング紹介です。SBI証券のNISAランキングでは、このような結果になりました。

買付金額ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 4502 武田薬品工業 3,751
2 1357 日経平均ダブルインバース 367
3 9984 ソフトバンクグループ 7,179
4 5020 ENEOSホールディングス 448.3
5 9021 西日本旅客鉄道 5,202
6 8316 三井住友フィナンシャルグループ 3,984
7 9202 ANAホールディングス 2,631
8 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 2,193
9 9201 日本航空 2,416
10 9434 ソフトバンク 1,602

出来高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 9318 アジア開発キャピタル 9
2 9434 ソフトバンク 1,602
3 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 632.3
4 1357 日経平均ダブルインバース 367
5 8918 ランド 12
6 5020 ENEOSホールディングス 448.3
7 9501 東京電力ホールディングス 302
8 2768 双日 353
9 3528 ミライノベート 27
10 4689 Zホールディングス 706.1

保有残高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 2,193
2 8411 みずほフィナンシャルグループ 1,616
3 9434 ソフトバンク 1,602
4 8591 オリックス 2,160
5 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 632.3
6 4502 武田薬品工業 3,751
7 7751 キヤノン 2,708.5
8 9201 日本航空 2,416
9 8267 イオン 3,137
10 3197 すかいらーくホールディングス(6月・12月優待) 1,590

買付金額ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 9984 ソフトバンクグループ 7,179
2 8411 みずほフィナンシャルグループ 1,616
3 5020 ENEOSホールディングス 448.3
4 8591 オリックス 2,160
5 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 2,193
6 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 632.3
7 4502 武田薬品工業 3,751
8 8316 三井住友フィナンシャルグループ 3,984
9 9202 ANAホールディングス 2,631
10 1545 ナスダック100 17,330

出来高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 632.3
2 8894 REVOLUTION 26
3 5020 ENEOSホールディングス 448.3
4 9318 アジア開発キャピタル 9
5 1357 日経平均ダブルインバース 367
6 2768 双日 353
7 9831 ヤマダホールディングス 491
8 9434 ソフトバンク 1,602
9 9501 東京電力ホールディングス 302
10 9973 小僧寿し 50

保有残高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8591 オリックス 2,160
2 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 2,193
3 3197 すかいらーくホールディングス(6月・12月優待) 1,590
4 9433 KDDI 3,728
5 9434 ソフトバンク 1,602
6 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 632.3
7 4661 オリエンタルランド 16,515
8 8411 みずほフィナンシャルグループ 1,616
9 9202 ANAホールディングス 2,631
10 9201 日本航空 2,416

※2月・8月優待銘柄をピンクで表示、3月・9月優待銘柄をブルーで表示。

9月6日から10日までの様子です。新政権の経済対策への期待から株価が上昇しました。

日経平均株価が3万円を回復し、高値を警戒する動きが見られます。NISA口座で「警戒する動き」といえば、日経平均ダブルインバースです。

株価が値下がりすると約2倍、利益が増える銘柄です。NISA口座の買付金額ランキングでは第2位、ジュニアNISA口座の出来高ランキングでは第5位と買われています。

この銘柄は1株(口)から買えるので、10日終値で計算すると、367円出せば株主になれます。NISA口座の投資枠を使い切ることもできるため、少額投資の銘柄は重宝されます。

逆に、優待銘柄の数が減少し、ジュニアNISA口座での不人気が目立ちます。この週は優待よりも株価指数に関係する銘柄が積極的に買われたようです。

関連記事

アーカイブ