旧ど素人の株ブログ。初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

高配当利回り銘柄人気のNISA口座

2021.07.10

NISAランキング紹介です。SBI証券のNISAランキングでは、このような結果になりました。

買付金額ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 4502 武田薬品工業 3,644
2 8316 三井住友フィナンシャルグループ 3,716
3 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 586.8
4 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 2,090.5
5 8267 イオン 2,919
6 3197 すかいらーくホールディングス(6月・12月優待) 1,493
7 8591 オリックス 1,860.5
8 1570 日経平均レバレッジ上場投信 14,850
9 9202 ANAホールディングス 2,743
10 8411 みずほフィナンシャルグループ 1,560

出来高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 9318 アジア開発キャピタル 8
2 6628 オンキヨーホームエンターテイメント 3
3 8918 ランド 12
4 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 586.8
5 8925 アルデプロ 70
6 6993 大黒屋ホールディングス 101
7 6740 ジャパンディスプレイ 35
8 9831 ヤマダホールディングス 496
9 3390 INEST 107
10 5020 ENEOSホールディングス 464.3

保有残高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 2,090.5
2 8411 みずほフィナンシャルグループ 1,560
3 9434 ソフトバンク 1,449
4 8591 オリックス 1,860.5
5 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 586.8
6 4502 武田薬品工業 3,644
7 9201 日本航空 2,483
8 7751 キヤノン 2,477
9 7201 日産自動車 576.1
10 9202 ANAホールディングス 2,743

買付金額ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8591 オリックス 1,860.5
2 3197 すかいらーくホールディングス(6月・12月優待) 1,493
3 8316 三井住友フィナンシャルグループ 3,716
4 9831 ヤマダホールディングス 496
5 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 586.8
6 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 2,090.5
7 7337 ひろぎんホールディングス 578
8 4502 武田薬品工業 3,644
9 9984 ソフトバンクグループ 7,327
10 8905 イオンモール 1,680

出来高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 9831 ヤマダホールディングス 496
2 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 586.8
3 7337 ひろぎんホールディングス 578
4 3197 すかいらーくホールディングス(6月・12月優待) 1,493
5 3390 INEST 107
6 3777 FHTホールディングス 18
7 8591 オリックス 1,860.5
8 1699 野村原油 189
9 5020 ENEOSホールディングス 464.3
10 6993 大黒屋ホールディングス 101

保有残高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8591 オリックス 1,860.5
2 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 2,090.5
3 3197 すかいらーくホールディングス(6月・12月優待) 1,493
4 9433 KDDI 3,450
5 9434 ソフトバンク 1,449
6 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 586.8
7 4661 オリエンタルランド 15,825
8 8411 みずほフィナンシャルグループ 1,560
9 9202 ANAホールディングス 2,743
10 9201 日本航空 2,483

※2月・8月優待銘柄をピンクで表示、3月・9月優待銘柄をブルーで表示。

7月5日から9日までの様子です。NISA口座の買付金額ランキングが大きく入れ替わりました。

第1位の武田薬品工業、第2位の三井住友フィナンシャルグループ、第3位の三菱UFJフィナンシャル・グループは高配当利回りの銘柄です。3社の株価が値下がりしたこともあり、配当利回りが上昇しました。

・武田薬品工業:配当金180円÷3,644円×100=4.94%
・三井住友フィナンシャルグループ:配当金200円÷3,716円×100=5.38%
・三菱UFJフィナンシャル・グループ:配当金27円÷586.8円×100=4.60%

と、7月9日終値で計算すると4%超になっています。

また、決算発表銘柄でイオンやイオンモールがランクインしました。株価値下がりによる逆張り投資のようです。7月下旬には3月決算企業の発表が本格的になるので、これから少しずつ増えるでしょう。

優待銘柄については、6月優待の順位が下がりましたが、オリックスやヤマダホールディングスなどの3月・9月優待銘柄が人気です。次週以降、8月優待銘柄が増加するか注目です。

関連記事

アーカイブ