旧ど素人の株ブログ。初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

決算銘柄で逆張り投資のNISA口座

2021.05.16

NISAランキング紹介です。SBI証券のNISAランキングでは、このような結果になりました。

買付金額ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 9984 ソフトバンクグループ 8,528
2 1570 日経平均レバレッジ上場投信 15,040
3 4502 武田薬品工業 3,740
4 9434 ソフトバンク 1,430.5
5 8058 三菱商事 2,935
6 9202 ANAホールディングス 2,447.5
7 6594 日本電産 11,970
8 4689 Zホールディングス 455.3
9 8267 イオン 2,995
10 4507 塩野義製薬 5,725

出来高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 6628 オンキヨーホームエンターテイメント 6
2 8918 ランド 12
3 5020 ENEOSホールディングス 463.1
4 1357 日経ダブルインバース 443
5 4689 Zホールディングス 455.3
6 9318 アジア開発キャピタル 7
7 7201 日産自動車 534.4
8 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 607.7
9 6740 ジャパンディスプレイ 43
10 1757 中小企業ホールディングス 63

保有残高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 2,177.5
2 8411 みずほフィナンシャルグループ 1,617.5
3 9434 ソフトバンク 1,430.5
4 8591 オリックス 1,856.5
5 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 607.7
6 4502 武田薬品工業 3,740
7 7751 キヤノン 2,526
8 3197 すかいらーくホールディングス(6月・12月優待) 1,627
9 8267 イオン 2,995
10 7201 日産自動車 534.4

買付金額ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 9434 ソフトバンク 1,430.5
2 2702 日本マクドナルドホールディングス(6月・12月優待) 5,080
3 8591 オリックス 1,856.5
4 3197 すかいらーくホールディングス(6月・12月優待) 1,627
5 4502 武田薬品工業 3,740
6 3048 ビックカメラ 1,125
7 8058 三菱商事 2,935
8 2014 日本たばこ産業(6月・12月優待) 2,177.5
9 9202 ANAホールディングス 2,447.5
10 5020 ENEOSホールディングス 463.1

出来高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 6628 オンキヨーホームエンターテイメント 6
2 1699 野村原油 167
3 5020 ENEOSホールディングス 463.1
4 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 607.7
5 2768 双日 331
6 8591 オリックス 1,856.5
7 9434 ソフトバンク 1,430.5
8 1357 日経ダブルインバース 443
9 7201 日産自動車 534.4
10 3202 ダイトウボウ 104

保有残高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8591 オリックス 1,856.5
2 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 2,177.5
3 3197 すかいらーくホールディングス(6月・12月優待) 1,627
4 9433 KDDI 3,532
5 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 607.7
6 9434 ソフトバンク 1,430.5
7 8411 みずほフィナンシャルグループ 1,617.5
8 4661 オリエンタルランド 15,270
9 9201 日本航空 2,255
10 9202 ANAホールディングス 2,447.5

※2月・8月優待銘柄をピンクで表示、3月・9月優待銘柄をブルーで表示。

5月10日から14日までの様子です。3月決算企業の発表がピークを迎え、下落した銘柄を逆張り投資する動きが見られます。

決算内容の良し悪しよりも、株価の下落がポイントです。内容が良くて下がった銘柄が最適ですが、NISA口座では悪くても下がっていれば買っています。

約5年後の利益確定を目指して、安いときに買って気長に待つようです。

この週は市場全体も下落し、日経平均レバレッジ上場投信や日経ダブルインバースが人気でした。どちらも短期投資です。株価が大きく動くほど儲けが増えます。

逆に、決算銘柄や指数連動型ETF・ETNが人気だったこともあり、優待銘柄はいつもより少ないです。

ただ、「新」マークがたくさん付いているのは、前週の反動です。2営業日だったため、銘柄が大幅に入れ替わりました。ゴールデンウィーク前の常連が復帰した印象です。

次週は決算発表が一段落するので、優待銘柄が復活するでしょう。

関連記事

アーカイブ