旧ど素人の株ブログ。初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

富士興産の上場廃止と株主の今後について

2021.04.28

2021年4月27日、投資ファンド「アスリード・キャピタル」は、東証1部上場の富士興産(5009)に対してTOB(株式公開買い付け)を行うと発表しました。

TOBの条件について

(1)TOB価格・・・1,250円
(2)TOB期間・・・2021年4月28日(水)から6月14日(月)まで
(3)決済の開始日・・・2021年6月21日(月)
(4)買付予定株数・・・上限なし、下限185万3100株
(5)証券会社・・・三田証券、マネックス証券

TOB価格1,250円、TOB期間は2021年4月28日(水)から6月14日(月)までの30営業日です。手続きが順調に進むと、富士興産は上場廃止になる可能性があります。

富士興産の株主はTOBに参加して1,250円で保有株を買い取ってもらうか、もしくは、株価が1,250円に近づいたら株式市場で売却することができます。

富士興産の今後の株価について

日付 株価 前日比
4/27 1,111
4/28 1,290 +179

4月28日終値1,290円。株価がTOB価格を上回っています。

会社側の賛同なしで行われているので、TOB価格の引き上げを期待する動きが見られます。

TOBに参加するメリットについて

メリットはTOB価格1,250円で買い取ってもらえること、TOBの手続きを経験できることです。

具体的には、富士興産の株を購入した証券会社から、三田証券またはマネックス証券に移管して(移動して)売却します。

2021年6月21日(月)以降に投資資金が戻ってきます。

富士興産の株主の今後について

富士興産月足チャート

富士興産月足チャート

月足チャート5年分です。TOB価格の水準に黄色の線を引いています。

2021年以降に買った一部の投資家を除き、ほとんどが含み益の状態です。仮に富士興産の上場廃止が決定すると、投資家の損益も確定します。

(1)含み益の投資家・・・TOB参加
(2)資金回収を急ぐ投資家・・・株式市場で売却
(3)含み損の投資家・・・TOB価格引き上げを期待

(1)TOBに参加するには、三田証券またはマネックス証券の口座が必要です。マネックス証券の口座はほとんどの方が持っていると思います。試してみてください。

(2)株価がTOB価格を上回っています。今はTOBに申し込むよりも高い値段で売れるので、利益確定するのはアリです。

(3)敵対的TOBになると、いわゆる「祭り」が始まります。TOB価格の引き上げがあると良いですね。

関連記事

アーカイブ