旧ど素人の株ブログ。初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

2021年GW前のNISA口座

2021.04.25

NISAランキング紹介です。SBI証券のNISAランキングでは、このような結果になりました。

買付金額ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 4502 武田薬品工業 3,683
2 9202 ANAホールディングス 2,369.5
3 9201 日本航空 2,201
4 8267 イオン 3,023
5 6178 日本郵政 907.1
6 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 2,077.5
7 8591 オリックス 1,748
8 1570 日経平均レバレッジ上場投信 32,250
9 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 572.2
10 8411 みずほフィナンシャルグループ 1,512.5

出来高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 9318 アジア開発キャピタル 7
2 2315 CAICA 35
3 6628 オンキヨーホームエンターテイメント 5
4 8918 ランド 12
5 8410 セブン銀行 234
6 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 572.2
7 5020 ENEOSホールディングス 461.1
8 6178 日本郵政 907.1
9 1757 中小企業ホールディングス 79
10 7201 日産自動車 551.2

保有残高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 2,077.5
2 8411 みずほフィナンシャルグループ 1,512.5
3 9434 ソフトバンク 1,436.5
4 8591 オリックス 1,748
5 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 572.2
6 4502 武田薬品工業 3,683
7 7751 キヤノン 2,586.5
8 3197 すかいらーくホールディングス(6月・12月優待) 1,644
9 7201 日産自動車 551.2
10 8267 イオン 3,023

買付金額ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8591 オリックス 1,748
2 3197 すかいらーくホールディングス(6月・12月優待) 1,644
3 4502 武田薬品工業 3,683
4 9202 ANAホールディングス 2,369.5
5 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 2,077.5
6 7412 アトム 723
7 9201 日本航空 2,201
8 8316 三井住友フィナンシャルグループ 3,762
9 6178 日本郵政 907.1
10 2503 キリンホールディングス(12月優待) 2,067.5

出来高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 3528 プロスペクト 33
2 8918 ランド 12
3 2315 CAICA 35
4 8410 セブン銀行 234
5 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 572.2
6 7412 アトム 723
7 6628 オンキヨーホームエンターテイメント 5
8 8591 オリックス 1,748
9 9831 ヤマダホールディングス 557
10 1357 日経ダブルインバース 419

保有残高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8591 オリックス 1,748
2 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 2,077.5
3 3197 すかいらーくホールディングス(6月・12月優待) 1,644
4 9433 KDDI 3,336
5 9434 ソフトバンク 1,436.5
6 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 572.2
7 4661 オリエンタルランド 15,305
8 8411 みずほフィナンシャルグループ 1,512.5
9 9201 日本航空 2,201
10 8058 三菱商事 3,008

※2月・8月優待銘柄をピンクで表示、3月・9月優待銘柄をブルーで表示。

4月19日から23日までの様子です。海外の株式市場は比較的堅調ですが、日本はコロナの感染拡大で緊急事態宣言が25日から発令されました。

株価も下落し、日経平均株価は29,000円前後で推移しています。NISA口座では、株価指数が下落すると、日経平均レバレッジ上場投信と日経ダブルインバースが買われます。

前者は回復を期待して逆張り投資する銘柄、後者はもっと下落することを予想して投資する銘柄です。真逆の考え方ですが、両者が共通するのは短期投資という部分です。

株価が大きく動くほど儲かるので、次週はさらにランキングを上げる可能性があります。

株価下落で強いと言えば、優待銘柄も同じです。4月優待銘柄はランク外ですが、3月・9月・6月・12月優待の人気が高いです。アトムやキリンホールディングスは常連銘柄になりつつあります。

特に、3月優待銘柄は権利落ちになっているので、1年の中で株価が一番安い時期です。個人投資家はNISA口座とジュニアNISA口座で積極的に買っているようです。

なお、中小企業ホールディングスは旧クレアホールディングスです。2021年4月に社名変更しました。頻繁に名前を変えるので、社名よりもコード番号「1757」で覚えておくと良いでしょう。

関連記事

アーカイブ