旧ど素人の株ブログ。初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

3月優待人気のNISA口座

2021.03.27

NISAランキング紹介です。SBI証券のNISAランキングでは、このような結果になりました。

買付金額ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 9202 ANAホールディングス 2,563.5
2 9201 日本航空 2,459
3 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 630.1
4 9434 ソフトバンク 1,496.5
5 6178 日本郵政 1,077.5
6 5020 ENEOSホールディングス 514.4
7 4689 Zホールディングス 559.9
8 4502 武田薬品工業 4,204
9 8411 みずほフィナンシャルグループ 1,674.5
10 8591 オリックス 1,968

出来高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 9318 アジア開発キャピタル 11
2 6628 オンキヨーホームエンターテイメント 16
3 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 630.1
4 8918 ランド 9
5 2315 CAICA 45
6 5020 ENEOSホールディングス 514.4
7 4689 Zホールディングス 559.9
8 6993 大黒屋ホールディングス 52
9 8410 セブン銀行 269
10 9434 ソフトバンク 1,496.5

保有残高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 2,125.5
2 8411 みずほフィナンシャルグループ 1,674.5
3 9434 ソフトバンク 1,496.5
4 8591 オリックス 1,968
5 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 630.1
6 4502 武田薬品工業 4,204
7 8267 イオン 3,412
8 7201 日産自動車 605
9 7751 キヤノン 2,475.5
10 3197 すかいらーくホールディングス(6月・12月優待) 1,717

買付金額ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8591 オリックス 1,968
2 7412 アトム 770
3 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 630.1
4 9202 ANAホールディングス 2,563.5
5 9201 日本航空 2,459
6 9434 ソフトバンク 1,496.5
7 9433 KDDI 3,617
8 5020 ENEOSホールディングス 514.4
9 2702 日本マクドナルドホールディングス(6月・12月優待) 5,170
10 9020 東日本旅客鉄道 8.172

出来高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 630.1
2 7412 アトム 770
3 8918 ランド 9
4 8410 セブン銀行 269
5 5020 ENEOSホールディングス 514.4
6 9318 アジア開発キャピタル 11
7 8591 オリックス 1,968
8 9831 ヤマダホールディングス 621
9 6993 大黒屋ホールディングス 52
10 9434 ソフトバンク 1,496.5

保有残高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8591 オリックス 1,968
2 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 2,125.5
3 3197 すかいらーくホールディングス(6月・12月優待) 1,717
4 9433 KDDI 3,617
5 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 630.1
6 9434 ソフトバンク 1,496.5
7 4661 オリエンタルランド 16,875
8 8411 みずほフィナンシャルグループ 1,674.5
9 8058 三菱商事 3,237
10 9201 日本航空 2,459

※2月・8月優待銘柄をピンクで表示、3月・9月優待銘柄をブルーで表示。

3月22日から26日までの様子です。3月優待銘柄の権利付き最終日が3月29日に迫っていることから、ランキング上位に入っています。

NISA口座の買付金額ランキングは第1位がANAホールディングス、第2位が日本航空でした。どちらも3月・9月に優待がもらえます。

コロナの影響で海外旅行はできないですから、国内の移動で活用したいです。

優待銘柄全体としては数が少なく、NISA口座よりもジュニアNISA口座での取引に偏っています。上昇相場が続いているので、NISA口座では値上がり率の高い低位株が人気です。

どの銘柄も株価が高くなり、逆張りを得意とする個人投資家にとって投資しづらい環境かもしれません。

関連記事

アーカイブ