旧ど素人の株ブログ。初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

天満屋ストア(9846)が株式市場で2日連続ストップ高に上昇

「天満屋ストア(9846)の報道で株価はどうなるのか?」のつづきです。12月10日、セブングループとの資本・業務提携の話により、天満屋ストアの株価が上昇し、ストップ高となりました。11日の株式市場でも、その勢いは衰えず、2日連続ストップ高を記録します。

天満屋ストア(9846)12月11日気配値

984620131211

11日の株式市場(終値)は、1,343円。300円ストップ高です。10日の夜間取引で購入した方、おめでとうございます。11日の夜間取引で利益確定するも良し、12日の株式市場で利益確定するも良し、勝ちの可能性が極めて高くなりました。

12月11日夜間取引(PTS)の詳細

984620131211pts

株式市場でストップ高になったら大丈夫だろう、と思っていた11日夜間取引の様子です。↑の画像の安値のところをご覧ください。なんと、1,044円まで急落しています。個人投資家間で細かい駆け引きが行われていたようです。

1,044円売った投資家がいたということは、12日の株式市場でストップ高が止まると予想しているのかもしれません。仮に管理人が1,343円で買っていたら、この値段を見て驚いたでしょう。「なにか悪い情報でも出たのかな?」と不安になったと思います。

夜間取引の終了時に株価が値上がりしているので言えることですが、この値動きは心臓に悪いです。

ただ逆に、1,044円で売った人がいたということは、1,044円で買った人もいたわけです。11日の株式市場で買えない値段で天満屋ストアの株が手に入るのですから、夜間取引はとても魅力的な市場です。

これからも昼の株式市場と夜間取引(PTS)の二段構えで株価を監視していきたいです。

関連記事

アーカイブ