旧ど素人の株ブログ。初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

東亜石油、出光興産のTOB不成立、上場維持で期末配当が復活(1株40円)

2021.02.17

東亜石油の上場廃止と配当金、株主の今後についての続きです。

東証1部上場の出光興産(5019)は東亜石油(5008)に対して、TOB(株式公開買い付け)を行っていました。

出光興産によるTOBの条件について

(1)TOB価格・・・2,450円
(2)TOB期間・・・2020年12月16日(水)から2021年2月15日(月)までの38営業日
(3)決済の開始日・・・2021年2月22日(月)
(4)買付予定株数・・・上限ナシ、下限205万8875株
(5)証券会社・・・大和証券
(6)配当・・・TOB成立を条件に廃止

2月16日14時にTOBの結果が発表されて、「不成立」となりました。これにより、東亜石油の上場維持が決定しました。

TOBの結果について

今回のTOBは購入株数に下限205万8875株が設定されています。株主が応募した株数が下限を上回ると、東亜石油株は全て買い取られます。

東亜石油のTOBの結果について

これに対して、株主が応募した株数の合計は47万0668株でした。

東亜石油のTOBの結果について

東亜石油のTOBの結果について

下限に届かなかったため、TOBは不成立です。

TOBに応募した株主の今後について

TOBに応募した株主は、東亜石油の株が全て戻ってきます。

戻ってきた株は株式市場で売却できます。

東亜石油の配当金について

東亜石油の配当金について

配当金は、TOBが成立することを条件に無配としていました。TOB不成立となり、配当金も元に戻ります。

2021年3月期の期末配当は1株40円です。

東亜石油日足チャート

東亜石油日足チャート

2月17日終値2,675円。米国投資ファンドのコーンウォール・キャピタル・マネジメントがTOB期間中も買い集めていたため(25%超)、右肩上がりが続きました。

2月8日に高値3,320円をつけ、TOB価格2,450円と大きな差があり、株主も応募するメリットがなかったようです。

TOB期間を延長するも下限に届かず不成立でした。今は短期投資家の撤退により値下がりしています。

TOBはこれで終了ですが、今後、投資ファンドがどのような動きを見せるか注目です。

関連記事

アーカイブ