初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

新年のNISA口座

2021.01.09

NISAランキング紹介です。SBI証券のNISAランキングでは、このような結果になりました。

買付金額ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 2,046
2 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 486.4
3 4502 武田薬品工業 3,695
4 9434 ソフトバンク 1,347
5 9202 ANAホールディングス 2,184
6 5020 ENEOSホールディングス 405.6
7 8316 三井住友フィナンシャルグループ 3,486
8 9201 日本航空 1,908
9 8411 みずほフィナンシャルグループ 1,421
10 8058 三菱商事 2,628

出来高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 486.4
2 5020 ENEOSホールディングス 405.6
3 2315 CAICA 18
4 1699 野村原油 124
5 1757 クレアホールディングス 87
6 8591 オリックス 1,797.5
7 1357 日経ダブルインバース 470
8 2038 原油ダブルブル 322
9 7201 日産自動車 544.1
10 8410 セブン銀行 223

保有残高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 2,046
2 8411 みずほフィナンシャルグループ 1,421
3 8591 オリックス 1,797.5
4 9434 ソフトバンク 1,347
5 8267 イオン 3,376
6 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 486.4
7 7201 日産自動車 544.1
8 3197 すかいらーくホールディングス(6月・12月優待) 1,556
9 4502 武田薬品工業 3,695
10 7751 キヤノン 1,995

買付金額ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 2,046
2 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 486.4
3 8591 オリックス 1,797.5
4 3197 すかいらーくホールディングス(6月・12月優待) 1,556
5 5020 ENEOSホールディングス 405.6
6 8316 三井住友フィナンシャルグループ 3,486
7 9783 ベネッセホールディングス 2,026
8 9201 日本航空 1,908
9 9434 ソフトバンク 1,347
10 2702 日本マクドナルドホールディングス(6月・12月優待) 5,050

出来高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 486.4
2 5020 ENEOSホールディングス 405.6
3 2038 原油ダブルブル 322
4 1699 野村原油 124
5 8591 オリックス 1,797.5
6 3390 INEST 151
7 8410 セブン銀行 223
8 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 2,046
9 1678 インドETF 181
10 1357 日経ダブルインバース 470

保有残高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8591 オリックス 1,797.5
2 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 2,046
3 3197 すかいらーくホールディングス(6月・12月優待) 1,556
4 9433 KDDI 3,204
5 4661 オリエンタルランド 16,120
6 9434 ソフトバンク 1,347
7 8411 みずほフィナンシャルグループ 1,421
8 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 486.4
9 3048 ビックカメラ 1,181
10 7201 日産自動車 544.1

※2月・8月優待銘柄をピンクで表示、3月・9月優待銘柄をブルーで表示。

1月4日から8日までの様子です。NY市場が最高値を更新する中、日経平均株価も高値更新中です。「30年ぶり」が盛んに報道されています。

緊急事態宣言とは真逆の動きなので、投資家も含めて多くの人が困惑しています。

NISA口座については、高値を警戒する動きと全く無視する動きの2つが見られます。高値を警戒する動きの代表が日経ダブルインバース。日経平均が値下がりすると儲かる銘柄です。

もうそろそろ値上がりが止まるという予想で買っているのでしょう。急落するほど効率的に儲けることができます。

全く無視する動きの代表は優待銘柄です。この週は日本たばこ産業が一番人気でした。日本たばこ産業は12月優待銘柄です。優待権利落ちとなり、株価が値下がりしました。

その結果、以前より買いやすくなっています。優待が届くのが半年先となりますが、待てる人にとって安く買えるチャンスです。業績が安定している銘柄ほど有効な作戦です。

また、原油価格の上昇で原油ダブルブルと野村原油がランクインしました。NISA・ジュニアNISA口座は長期投資を目的としていますが、これらの銘柄は短期投資メインです。

売却益が非課税ですから、短期ですばやく稼ぐのでしょう。うまくいくと良いですね。

次週、1月11日が成人式のため、4営業日のみとなります。株価が上がっているときに休場すると損した気分になりますが、火曜日に向けて、しっかり準備したいところです。

関連記事

アーカイブ