初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

アプラスフィナンシャルの上場廃止と株主の今後について(2020年11月27日廃止)

2020.11.01

10月30日、東証1部上場の新生銀行(8303)は、アプラスフィナンシャル(8589)の株式売渡請求を行い、完全子会社化すると発表しました。

・売渡対価85円
・2020年11月27日上場廃止

売渡対価は85円、アプラスフィナンシャルは2020年11月27日(金)に上場廃止となります。最終売買日は11月26日(木)です。

アプラスフィナンシャルの株主は保有株が強制的に買い取られて、12月1日以降、「85円×株数」の投資資金が戻ってきます。

アプラスフィナンシャルの今後の株価について

日付 株価 前日比
10/30 74
11/2 85 +11

10月30日終値74円。今後、株価が85円にサヤ寄せする予定です。

その後は何も起きなければ、上場廃止まで横ばいが続く見込みです。

11月2日に85円に到達するでしょう。

株式売渡請求について

親会社となる企業が90%以上の議決権を持つと、他の株主に対して残りの株を全部、強制的に買い取ることができます。

企業買収のときは一般的に、TOB(株式公開買い付け)を行い、成立後に実施することが多いです(株式交換等もあります)。

ただ、アプラスフィナンシャルは、すでに新生銀行が90%超を持っているので、これらの手続きをスルーして、そのまま株式売渡請求になりました。

アプラスフィナンシャルの株主の今後について

アプラスフィナンシャル月足チャート

アプラスフィナンシャル月足チャート

月足チャートです。売渡対価の水準に黄色の線を引いています。

売渡対価を下回る株価で買った投資家は含み益、上回る株価で買った投資家は含み損の状態です。アプラスフィナンシャルが上場廃止になると、投資家の損益も確定します。

上場子会社の解消という意味では間違っていないですが、残った株主にとって残念な結果となりました。

株主のみなさん、どうもお疲れさまでした。

関連記事

アーカイブ