初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

逆張り投資を続けるNISA口座

2020.10.25

NISAランキング紹介です。SBI証券のNISAランキングでは、このような結果になりました。

買付金額ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 9434 ソフトバンク 1,200
2 9433 KDDI 2,770.5
3 9020 東日本旅客鉄道 5,838
4 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 1,993.5
5 9432 日本電信電話 2,214
6 4502 武田薬品工業 3,500
7 8591 オリックス 1,325
8 9202 ANAホールディングス 2,391.5
9 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 425.8
10 8267 イオン 2,714

出来高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 1491 中外鉱業 41
2 6628 オンキヨーホームエンターテイメント 21
3 9437 NTTドコモ 3,889
4 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 425.8
5 7201 日産自動車 387.9
6 8918 ランド 9
7 2388 ウェッジホールディングス 185
8 9434 ソフトバンク 1,200
9 3315 日本コークス工業 69
10 2315 CAICA(10月優待) 20

保有残高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 1,993.5
2 8411 みずほフィナンシャルグループ 1,322
3 8591 オリックス 1,325
4 9434 ソフトバンク 1,200
5 3197 すかいらーくホールディングス(6月・12月優待) 1,522
6 8267 イオン 2,714
7 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 425.8
8 4502 武田薬品工業 3,500
9 7751 キヤノン 1,730.5
10 7201 日産自動車 387.9

買付金額ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 9433 KDDI 2,770.5
2 8591 オリックス 1,325
3 9432 日本電信電話 2,214
4 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 1,993.5
5 9434 ソフトバンク 1,200
6 9020 東日本旅客鉄道 5,838
7 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 425.8
8 3197 すかいらーくホールディングス(6月・12月優待) 1,522
9 2568 上場インデックスファンド米国株式 2,103
10 9861 吉野家ホールディングス 1,853

出来高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 4594 ブライトパス・バイオ 221
2 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 425.8
3 8591 オリックス 1,325
4 6740 ジャパンディスプレイ 51
5 9437 NTTドコモ 3,889
6 9433 KDDI 2,770.5
7 4765 モーニングスター 462
8 5020 ENEOSホールディングス 367.4
9 9434 ソフトバンク 1,200
10 3776 ブロードバンドタワー 442

保有残高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8591 オリックス 1,325
2 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 1,993.5
3 3197 すかいらーくホールディングス(6月・12月優待) 1,522
4 4661 オリエンタルランド 15,255
5 9433 KDDI 2,770.5
6 8411 みずほフィナンシャルグループ 1,322
7 9434 ソフトバンク 1,200
8 3048 ビックカメラ 1,204
9 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 425.8
10 9831 ヤマダホールディングス 512

※2月・8月優待銘柄をピンクで表示、3月・9月優待銘柄をブルーで表示。

10月19日から23日までの様子です。業績が悪化した企業の逆張り投資が続いています。

ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンク、NTTの携帯電話関連銘柄、JR東日本やANAホールディングスの陸運・空運が人気です。

優待がもらえる銘柄もあり、株価が安くなったところを買っているようです。

優待銘柄については、目新しいものはなく、いつもの銘柄がいつものように買われました。

10月の権利付き最終日は10月28日です。CAICAは10月優待銘柄ですが、別の要因でランク入りしていると思われます。

次週、3月決算企業の第2四半期の発表が本格化します。ランキングの銘柄も少しずつ入れ替わるでしょう。

関連記事

アーカイブ