初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

ドコモ売りのNISA口座

2020.10.10

NISAランキング紹介です。SBI証券のNISAランキングでは、このような結果になりました。

買付金額ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 9433 KDDI 2,694
2 9432 日本電信電話 2,294.5
3 9434 ソフトバンク 1,197
4 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 2,002
5 4502 武田薬品工業 3,712
6 9202 ANAホールディングス 2,400.5
7 9201 日本航空 2,000.5
8 8316 三井住友フィナンシャルグループ 2,999
9 7751 キヤノン 1,697
10 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 430.6

出来高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 9437 NTTドコモ 3,876
2 8918 ランド 10
3 9318 アジア開発キャピタル 8
4 1491 中外鉱業 41
5 2315 CAICA(10月優待) 21
6 4564 オンコセラピー・サイエンス 156
7 1699 野村原油 105
8 6628 オンキヨーホームエンターテイメント 24
9 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 430.6
10 9434 ソフトバンク 1,197

保有残高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 2,002
2 8411 みずほフィナンシャルグループ 1,331
3 8591 オリックス 1,387.5
4 9434 ソフトバンク 1,197
5 8267 イオン 2,804
6 3197 すかいらーくホールディングス(6月・12月優待) 1,519
7 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 430.6
8 4502 武田薬品工業 3,712
9 7751 キヤノン 1,697
10 7201 日産自動車 381.5

買付金額ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 9433 KDDI 2,694
2 9432 日本電信電話 2,294.5
3 9020 東日本旅客鉄道 6,333
4 8591 オリックス 1,387.5
5 4502 武田薬品工業 3,712
6 9434 ソフトバンク 1,197
7 9202 ANAホールディングス 2,400.5
8 8316 三井住友フィナンシャルグループ 2,999
9 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 2,002
10 8058 三菱商事 2,551.5

出来高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 9318 アジア開発キャピタル 8
2 9437 NTTドコモ 3,876
3 8918 ランド 10
4 1491 中外鉱業 41
5 7779 CYBERDYNE 661
6 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 430.6
7 9433 KDDI 2,694
8 2315 CAICA(10月優待) 21
9 8591 オリックス 1,387.5
10 9831 ヤマダホールディングス 511

保有残高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8591 オリックス 1,387.5
2 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 2,002
3 3197 すかいらーくホールディングス(6月・12月優待) 1,519
4 4661 オリエンタルランド 14,990
5 9433 KDDI 2,694
6 8411 みずほフィナンシャルグループ 1,331
7 9434 ソフトバンク 1,197
8 3048 ビックカメラ 1,200
9 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 430.6
10 3387 クリエイト・レストランツ・ホールディングス 646

※2月・8月優待銘柄をピンクで表示、3月・9月優待銘柄をブルーで表示。

10月5日から9日までの様子です。前週と同じく、携帯電話関連銘柄が人気です。出来高ランキングではドコモがトップ。NTTによる完全子会社化で上場廃止を予定しています。

新規で買うというより、利益確定売りで上位にランクインしたと予想されます。

優待銘柄については、9月優待が多く、オリックス・日産自動車のほか、日本航空、ANAホールディングスといった空運株が人気です。逆に10月銘柄はほとんどナシ。

10月は全体的に数が少ないので、これから買われるか注目です。権利付き最終日は10月28日です。

その他、野村原油がランク入りしました。最近、原油ETF・ETNの出来高が増えました。9月に入って株価が上へ下へと乱高下し、短期投資家が買いやすくなったと思われます。

ただ、管理人も原油ETFを保有していますが、利益確定するまで、もう少し時間がかかりそうです。

関連記事

アーカイブ