初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

8月優待銘柄人気のNISA口座

2020.08.30

NISAランキング紹介です。SBI証券のNISAランキングでは、このような結果になりました。

買付金額ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8267 イオン 2,616.5
2 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 1,978
3 8591 オリックス 1,306.5
4 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 440.6
5 9434 ソフトバンク 1,431.5
6 9201 日本航空 2,081.5
7 4689 Zホールディングス 691
8 9433 KDDI 3,231
9 9020 JR東日本 6,794
10 9202 ANAホールディングス 2,580

出来高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8411 みずほフィナンシャルグループ 144.2
2 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 440.6
3 2315 CAICA(10月優待) 20
4 23159 CAICA新株予約権 3
5 1491 中外鉱業 33
6 6740 ジャパンディスプレイ 51
7 8918 ランド 10
8 4689 Zホールディングス 691
9 3528 プロスペクト 39
10 7201 日産自動車 433

保有残高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8411 みずほフィナンシャルグループ 144.2
2 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 1,978
3 9434 ソフトバンク 1,431.5
4 8591 オリックス 1,306.5
5 3197 すかいらーくホールディングス(6月・12月優待) 1,638
6 8267 イオン 2,616.5
7 4502 武田薬品工業 3,974
8 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 440.6
9 7201 日産自動車 433
10 7751 キヤノン 1,821.5

買付金額ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8591 オリックス 1,306.5
2 9433 KDDI 3,231
3 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 1,978
4 2038 原油ダブルブル 285
5 9434 ソフトバンク 1,431.5
6 3387 クリエイト・レストランツ・ホールディングス 627
7 3048 ビックカメラ 1,183
8 4689 Zホールディングス 691
9 8267 イオン 2,616.5
10 1357 日経ダブルインバース 745

出来高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 3528 プロスペクト 39
2 7610 テイツー 109
3 2038 原油ダブルブル 285
4 8411 みずほフィナンシャルグループ 144.2
5 3719 ジェクシード 140
6 5955 ヤマシナ 69
7 8591 オリックス 1,306.5
8 7612 Nuts 35
9 23159 CAICA新株予約権 3
10 1491 中外鉱業 33

保有残高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8591 オリックス 1,306.5
2 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 1,978
3 3197 すかいらーくホールディングス(6月・12月優待) 1,638
4 4661 オリエンタルランド 14,145
5 8411 みずほフィナンシャルグループ 144.2
6 9433 KDDI 3,231
7 9434 ソフトバンク 1,431.5
8 3048 ビックカメラ 1,183
9 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 440,6
10 9831 ヤマダ電機 561

※2月・8月優待銘柄をピンクで表示、3月・9月優待銘柄をブルーで表示。

8月24日から28日までの様子です。権利付き最終日が8月27日だったこともあり、8月優待銘柄が買われました。駆け込みですね。

買付金額ランキングでイオンが第1位。クリエイト・レストランツ・ホールディングスやビックカメラも順位を上げました。

ただ、吉野家ホールディングスはランク外。決算発表後に株価が急落していたので、そのときに買った投資家が多かったのでしょう。

9月優待銘柄を先取りする動きもあり、オリックスと日産自動車はもちろん、日本航空やANAホールディングスも人気です。このところ、JR東日本もよく買われています。コロナで株価が下がっているため、逆張り投資で買っているようです。

安倍首相の辞任で株式市場が混乱しています。次週、NISA口座も銘柄が大きく入れ替わるかもしれません。

関連記事

アーカイブ