初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

決算ピークのNISA口座

2020.08.08

NISAランキング紹介です。SBI証券のNISAランキングでは、このような結果になりました。

買付金額ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8591 オリックス 1,263.5
2 9201 日本航空 1,862
3 7751 キヤノン 1,793.5
4 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 414.1
5 9202 ANAホールディングス 2,323
6 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 1,954.5
7 9020 JR東日本 6,271
8 8058 三菱商事 2,211.5
9 3197 すかいらーくホールディングス(6月・12月優待) 1,509
10 9861 吉野家ホールディングス 1,976

出来高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 1491 中外鉱業 55
2 9318 アジア開発キャピタル 10
3 2315 CAICA 28
4 8411 みずほフィナンシャルグループ 132.9
5 3777 FHTホールディングス 25
6 1699 野村原油 109
7 4689 Zホールディングス 650
8 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 414.1
9 2370 メディネット 104
10 2038 原油ダブルブル 276

保有残高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 1,954.5
2 8411 みずほフィナンシャルグループ 132.9
3 9434 ソフトバンク 1,457
4 8591 オリックス 1,263.5
5 3197 すかいらーくホールディングス(6月・12月優待) 1,509
6 8267 イオン 2,571.5
7 4502 武田薬品工業 3,807
8 7751 キヤノン 1,793.5
9 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 414.1
10 7201 日産自動車 382

買付金額ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8591 オリックス 1,263.5
2 3197 すかいらーくホールディングス(6月・12月優待) 1,509
3 8058 三菱商事 2,211.5
4 9020 JR東日本 6,271
5 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 1,954.5
6 9433 KDDI 3,218
7 9202 ANAホールディングス 2,323
8 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 414.1
9 9201 日本航空 1,862
10 4452 花王 7,877

出来高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 1699 野村原油 109
2 8591 オリックス 1,263.5
3 8411 みずほフィナンシャルグループ 132.9
4 1491 中外鉱業 55
5 9318 アジア開発キャピタル 10
6 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 414.1
7 4689 Zホールディングス 650
8 8005 スクロール 691
9 7612 Nuts 34
10 9831 ヤマダ電機 513

保有残高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8591 オリックス 1,.263.5
2 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 1,954.5
3 3197 すかいらーくホールディングス(6月・12月優待) 1,509
4 4661 オリエンタルランド 13,105
5 8411 みずほフィナンシャルグループ 132.9
6 9433 KDDI 3,218
7 9434 ソフトバンク 1,457
8 3048 ビックカメラ 1,093
9 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 414.1
10 9831 ヤマダ電機 513

※2月・8月優待銘柄をピンクで表示、3月・9月優待銘柄をブルーで表示。

8月3日から7日までの様子です。決算発表がピークを迎え、有名企業の取引が目立ちます。

特に、NISA口座では、優待銘柄が下がったところを狙うことが多く、個人投資家の逆張り投資が行われています。

ダメージの大きい日本航空やANAホールディングス、JR東日本などが順位を上げました。逆に、決算が終わった2月・8月優待銘柄は人気がなく、吉野家ホールディングスだけでした。

その他、出来高ランキングで野村原油や原油ダブルブルといった、原油ETF・ETNが久しぶりにランクイン。3月~4月のような勢いはなくなりましたが、この週は値動きが良くなって取引も活発になりました。

次週、8月10日が山の日のため4営業日です。お盆と重なるため、取引量が大幅に減少する見込みです。ランキングも参考程度にご覧ください。

関連記事

アーカイブ